ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MMD研究所、「MNPユーザーのスマートフォンネットワーク調査」の集計結果を発表、「つながりやすさ」と「速さ」を実感した人はソフトバンクが3社中トップ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MMD研究所は7月14日、国内大手キャリア3社にMNPで乗り換えたLTEスマートフォンユーザーを対象に行ったアンケート調査「MNPユーザーのスマートフォンネットワーク調査」の集計結果を発表しました。調査対象者は2013年10月~2014年6月の間にMNPで他社に乗り換えたdocomo、au、SoftBankユーザー計1,800人(各社600人ずつ)。まずは、「MNPを行った時期」を質問したところ、「2014年3月」と回答した方が28.9%で最も多く、続いて、「2013年10月」と回答した方が12.1%でした。3月以外は1桁~10%台前半なので、3月は飛び抜けて多いことになります。次に、「MNPを行った理由」を質問したところ、「キャッシュバックやプレゼントのため」と回答した方が48.3%で最も多く、続いて、「毎月の料金が安くなるから」と回答した方が47.6%でした。3番目は「安く携帯端末を購入できるから」(28.9%)、4番目は「魅力的な端末があったから」(22,3%)、5番目は「家族と携帯会社を統一したから」(20.8%)でした。気になる「MNP前後でつながりやすさはどう変わったのか」を5段階の択一式で質問したところ、「とてもつながりやすい」と「ややつながりやすい」と回答した方が59.4%。半数以上の方が改善したと実感しているようです。同社がキャリア別に「つながりやすさ」を質問したところ、docomoは60.9%、auは55.3%、Softbankは62.4%の方が「つながりやすくなった」と回答。また、「通信速度」については、docomoは63.7%、auは58.6%、SoftBankは67.4%の方が「速くなったと」と回答しました。3社に大きな開きはありませんが、つながりやすさと速さの両方でソフトバンクの満足度が最も高いことがわかりました。プラチナバンドの無い時代では考えられない結果です。Source : MMD


(juggly.cn)記事関連リンク
Yahoo! JapanとAdobe、Andoridスマートフォン用のホーム画面デザインコンテストを初開催
アイケー・ワークス、Google CardBoardのようなVRヘッドセット「Dan Glass」を国内発売
HTC DotViewケースの対応リストで“HTC B2”、“HTC EYE”、“HTC W8“のコードネーム名を確認

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP