ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最近のJC・JK事情を徹底調査! 上半期、最も流行ったのは「壁ドン」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


壁ドンの例 画像は「ぱくたそ」より
2014年も早くも後半戦へ突入。インターネット広告事業を主力とするサイバーエージェントが展開する、女子中高生を中心とした10代向けブログ&コミュニティ「Candy」では、現役女子中高生444名を対象に「2014年上半期の流行」に関する調査を実施。7月14日(月)、ついにその結果が発表されました。

今回はそんなJC・JKたちの最新トレンドをご紹介していきます。流行に敏感な彼女達の間では一体どんなモノやコト、ファッションアイテムが流行っているのか。はたまた、彼女達が期待する今後ブレイクしそうなお笑い芸人に迫っていきます。

※「2014年上半期の流行」に関する「Candy」による調査/調査対象:「Ameba」ユーザーの女子中高生 444 名、複数回答可、調査期間:2014年7月4日~7月7日

Q:2014年上半期に流行した(または流行しそうだと思った)モノ・コトは?

1位:「壁ドン」(201 票)

JC・JKたちの間で2014年上半期に流行ったモノ・コトで1位を獲得したのは「壁ドン」。

女子が憧れるシチュエーションとして人気の「壁ドン」には、ロケーションに応じて様々な種類があると言われていますが、「壁ドン」は、簡単にいうと、“壁を背にした相手に向かって「ドン」と腕をつくことで、相手の逃げ場をなくす行為”のことを指しています。

ただ憧れるだけでなく、TwitterやNAVERまとめなどのSNSでは、様々な「壁ドン」イラストが投稿され、ユーザーの間で大きな盛り上がりを見せていたのも特徴的です。

2位:「おそろコーデ」(147 票)

「おそろコーデ」とは、名前の通り、仲の良い友人同士やカップルで、お揃いのファッションコーデをすること。

これは今にはじまったことではなく、数年前からJC・JKたちの間で根付いている文化のようにも思えますが、TwitterやFacebook、LINEなどのSNSが普及したことで、より写真を共有しやすくなったのもさらに人気に火がついた要因となっているようです。

3位:「ツイキャス」(120 票)

3位にランクインしたのは、誰でも気軽にインターネット上でライブ配信ができるブロードキャスティング配信サービス・ツイキャス。

パソコンがなくても、iPhoneやAndroidのスマートフォンからでも、無料で手軽に配信できることから、近年JC・JKたちの間で大流行のサービスとなっています。

4位には、制服や黒板、教室などの学生ならではのアイテムを使って、主にカップル同士がラブラブな写真を撮る「スクールラブ」(99 票)、5位には「ツイキャス」と同じように自分で動画を撮影し、配信する「動画投稿」というワードがランクインしました。

やはり全体的に特にTwitterなどのSNSが、最近のJC・JKたちの間ではかなり大きな存在になっていることがわかります。

Q:2014 年上半期に流行した(または流行しそうだと思った)ファッションアイテムは?

1位:「サスペンダー」(130 票)

あらゆる世代の中でもとりわけファッショントレンドに敏感なJC・JKたちの間で最も上半期に流行したアイテムは「サスペンダー」。いつものコーディネートにプラスするだけで、手軽にトレンド感を演出できることから、多くの女子中高生の支持を集めたよう。

その一方で、使い方を間違えてしまうと小学生のように見えてしまうことから、「サスペンダー付きスカート」や「サスペンダー付きパンツ」など、ちょっぴり大人なアイテムとの組み合わせが主流のようです。

2位:「柄コン(柄入りコンタクトレンズ)」(98 票)

黒目を大きく見せる効果のあるカラーコンタクトレンズが、より個性を出すためにハート柄や星柄、猫柄など、様々な模様やキャラクターが描かれたコンタクトレンズが登場。この柄コンの登場によって、コンタクトデビューをする女子が増えたそう。

3位:「オフショルダー」(93 票)

「オフショルダー」とは、ネックラインを大きく開き、両肩をだしたデザインのトップスのこと。いつもよりもセクシーに見えることに加え、顔周りがすっきりして見える効果もあるそう。まさに夏らしいファッションアイテム!

そのほか、4位にはストラップがなく丈の短い、ベアトップ風のアイテム「ビスチェ」、5位にはかつてのJC・JKたちたちのトレンド「ルーズソックス」が、ここへきて再び注目を集めているようです。

Q:2014年上半期現在、今後ブレイクしそうだと思うお笑い芸人は?

1 位:日本エレキテル連合(166 票)、どぶろっく(166 票)

最後に、今後ブレイクしそうなお笑い芸人では、日本エレキテル連合と、どぶろっくが同率で1位に。

日本エレキテル連合は、女性2人組によるお笑いコンビ。バラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』の人気コーナー「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」にも出場し、その独特のお笑いセンスから一気に注目を集めました。

一方のどぶろっくは、「もしかしてだけど♩」のフレーズの歌ネタで大人気の男性お笑いコンビ。7月にメンバーの江口直人さんが特定外来生物のカメツキガメを無許可で飼育していたことで波紋を呼びましたが、その人気はいまだ健在のようです。

3位には、ネタの完成度の高さが評判となっている実力派漫才コンビ・流れ星、4位にはショートコントやハイテンションな芸風で人気を集めるあばれる君さん、5位には身の回りのことを何でも「BKB」という言葉にして表現するユニークな持ちネタで人気のバイク川崎バイクさんがランクインしています。

いかがでしたでしょうか。年齢を重ねるたびにどんどんと離れていくJC・JKですが、こうして彼女達の流行を知ることで、少しだけ彼女達に近づけるかもしれません。

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP