ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia Z1の画質補正機能「X Realityエンジン」が非対応機種に移植される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Xperiaのハイエンドモデルに搭載されている画質補正機能「X Realityエンジン」を非搭載のSony端末でも利用できるようにする方法がXDA Developersで公開されました。今回のハックはXperia Z1に含まれているX Realityエンジンに関係したライブラリ、フレームワーク、アプリ、設定ファイルを移植したものです。作成者さんによると、少なくとも彼のAndroid 4.3版Xperia Mではうまく機能することが確認されています。

左:OFF、右:ON

公開された導入方法は次の通り(ブートローダーロック・非ロック対応、しかし、root化とカスタムリカバリの導入が必須です)。STEP1:XDAのスレッドから「1..BE2 X-Reality Engine.zip」をダウンロードして端末の内蔵ストレージにコピーします。STEP2:/system配下の「build.prop」に次の5行を追記(#の行は人が見分けられるようにするためのものなので追記しなくてもOKです)
# X-Realityro.service.swiqi2.supported = truepersist.service.swiqi2.enable = 1ro.service.swiqi3.supported = truepersist.service.swiqi3.enable = 1

STEP3:端末を再起動して、カスタムリカバリからSTEP1でダウンロードしたファイルをインストールします。STEP4:端末を再起動すると設定メニューに「Mobile BRAVIA Engine 2」と「X Reality for Mobile」のオプションが表示されるはず。今回のハックでは、端末の動作を左右する重要な設定ファイルを編集したり、多数のアプリやファイルを追加するので、端末によっては動作が不安定になったり、失敗するとブートループに陥る可能性があります。なので、事前にバックアップを取ってから試すことを強くおすすめします。Source : XDA Developers


(juggly.cn)記事関連リンク
サンコーレアモノショップ、スマートフォンに貼るだけで本体を冷却する「スマートフォンクーラーパッド」を発売
楽天でんわの「夏のカケ放題キャンペーン」が7月18日まで実施、3分までの国内通話なら何度かけても無料
KDDI、国内初の2Kディスプレイスマートフォン「isai FL LGL24」を7月18日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP