ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperiaのスモールアプリ(電話 / トーチ / ストップウォッチ / ランチャー)が一部の2011年モデルに移植される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Xperia用のスモールアプリを開発しているPranav Pandey氏がSony Mobile 2011年モデルの一部機種にまで自身で作成したスモールアプリの対応を拡大しました。スモールアプリは、便利なツールをどの画面でも最前面に表示される小窓で利用することができるアプリで、同氏はXperia TやXperia Z向けに提供している電話(ダイヤルパッド&連絡先アプリ)、ストップウォッチ、トーチ、ランチャー(アプリランチャーです)を2011年モデルに移植しました。各種スモールアプリはGoogle Playストアで配信されています。いずれも無料版と有料版があり、有料版はより高機能なものとなっています。2012年モデルでもXperia MiniやMini ProといったMDPI(Medium DPI)の小型ディスプレイを搭載した端末で利用できます。2011年モデルはスモールアプリに対応していないので、スモールアプリ機能を移植したカスタムROMなどを利用する必要があるかと思います。Source : Google Playストア、 XDA Developers


(juggly.cn)記事関連リンク
HTCがインドで「HTC One(E8)」と「Desire 616」を発表
Galaxy S 5 Prime?「SM-G901F」がBluetooth SIGの認証を取得
タカラトミー、Andorid向けポータルアプリ「タカラトミーNAVI」をリリース、遊べるARカメラ機能も搭載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP