ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

使っているだけで安心しないで!本当に正しいチャイルドシートの使用法とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


もうすぐ始まる子どもたちの夏休み。家族旅行などで車に乗る機会が増えると、事故に遭うリスクも高くなってしまう。

そこでJAFは、適正なチャイルドシート使用について改めて見直すキッカケにしようと、インフォグラフィック「そのチャイルドシート、本当に正しく使っていますか?」を公開(http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/crs/index.htm)。警察庁と合同で実施した「2014チャイルドシート使用状況全国調査」の結果を、視覚的に表現している。

日本では、6歳未満の子どもにチャイルドシート使用が義務付けられているが、その4割近くが不使用だとか。また、使用はしていても取り付けを誤るケースが6割、子どもが正しく着座していないケースが4割近くもあるという。

このようにチャイルドシートを正しく使用していない場合、6歳未満幼児の自動車同乗中の死亡重傷率は、適正使用時の約5.4倍にも上るというデータが出ている(警察庁「チャイルドシート使用有無別交通事故関連統計(平成25年中)」)。

こうした調査結果を踏まえて、わかりやすく図式化された今回のインフォグラフィック。ソーシャルメディアなどでのシェアを促し、多くの人に適正なチャイルドシート使用をうったえる。

チャイルドシートは正しく取付けて、子どもを正しく座らせることで、本来の安全効果を得るもの。この機会に改めて「本当に正しく使っているか」確認してみよう。

JAFホームページでは、チャイルドシートに関するガイド記事や、危険性を訴える事故テスト動画なども公開中。気になる方は、下記のリンクもチェック!

◆はじめてのチャイルドシート クイックガイド

http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/childseat/index.htm

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP