ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2014年7月)、KitKatがGingerbreadを抜き2位に浮上

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android Developersの公式サイトにて、2014年7月7日までの7日間におけるAndroid OSのバージョン別シェア情報が公開されました。バージョン別シェアは、1位がJelly Bean(58.4%→56.5%)、2位がKitKat(13.6%→17.9%)、3位がGingerbread(14.9%→13.5%)、4位がICS(12.3%→11.4%)、5位がFroyo(0.8%→0.7%)でした。今回はKitKatだけがシェアを伸ばし、他のバージョンはシェアを下げました。Android “L”の正式リリースは今秋なので、少なくとも年内はこの状況が継続するものと予想されます。また、KitKatは今回で2010年に登場したAndroid 2.3を抜き2位に浮上しました。Jelly Beanとの差はまだ大きいので、しばらく順位の変動はないものとみられますが、差は徐々に小さくなると思います。ユーザーインタフェースの仕様が大きく変化したHoneycomb以上とそれよりも前のバージョンで分けると、Honeycomb以上は前回から1.5ポイント増の85.8%、Gingerbread以下は14.2%に下がっています。Source : Android Developers


(juggly.cn)記事関連リンク
ASUS、「Padfone S」と「Zenfone 5 LTE」を台湾で発売開始
CyanogenMod 11 M8ビルドがリリース
KDDI、「Xperia ZL2 SOL25」のソフトウェアアップデート(17.1.1.C.1.64)を配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP