ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

DIYでつくるミニアーケードゲームキット 往年の名作をプレイしよう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビデオゲームで遊ぶのが好きな人なら、ゲームセンターをよく訪れるかもしれない。アーケードゲームの前に着席して、臨場感あるプレイを体験したり、他のプレイヤーと対戦するなど、テレビでプレイするのと違った楽しみがあるだろう。

20年以上前に家庭用ゲーム機が普及し始め、「パックマン」「ドンキーコング」「ギャラガ」などのゲームが人気を博し、世間に大流行した。そんな往年の名作ゲームを愛する人は、ミニアーケードゲーム制作キット「Cupcade」に興味があるかもしれない。

アーケードゲーム機体は、テレビゲームとは異なる独特の形状をしているが、この形を忠実に再現したDIYでつくるミニキットで、Adafruitが開発した。キットは、PiTFT2.8インチディスプレイ、アナログスティック、プッシュボタンのほか、いくつかの構成物のセットになっている。

キットを組み立てるのに必要なのは、名刺サイズの小型コンピューターRaspberry Piのmodel B、はんだごて、はんだ、ワイヤー、基本的なハンドツール、テープなど。レーザーカット加工の機体ケース、電源アダプタなどを組み合わせて完成させていく。

完成したミニアーケードゲームには、全部で4つのボタンが搭載されていて、動きを操作するスティックの隣には、それぞれ“攻撃”ボタン、“ジャンプ”ボタン、本体正面側には“コイン挿入”ボタン、“スタート”ボタン。昔ながらのアーケードゲーム機体を忠実に再現している。そして、ゲームデータが記録されたSDカードを挿入してゲームをプレイするという流れだ。

開発チームでは将来的に、あらかじめ電気回路が調整済みのバージョンも検討している。カバンに入るミニサイズのアーケードゲーム。この夏、帰省や旅行など出かけ先に持ち歩いて、友だちと昔懐かしのゲームをプレイして盛り上がってみては。

Cupcade

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。