ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android “L”でアプリドロワーのアイコンの並び順が変更される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

左:Android 4.4.4、右:Android L

Androidの新バージョン「Android “L”」でGoogle Nowランチャーにおけるアプリドロワーのアイコンの並び順が変わったようです。KitKat以前でGoogle Nowランチャーを利用すると、アプリドロワーには先頭の文字が数字・記号のアプリ→ひらがな・カタカナのアプリ→アルファベットのアプリという順に表示されますが、Android “L”では、ひらがな・カタカナが最後にまわされて、数字・記号→アルファベット→ひらがな・カタカナの順に表示されます。日本人向けのアプリでもアルファベット名のものは多く、トータルではアプリを探す際のドロワーのスワイプ回数が減ったかなと思います。これはGoogle Nowランチャーに限った話なので、ホームアプリを変更すれば、並び順はそのアプリの規則に従います。


(juggly.cn)記事関連リンク
小米科技(Xiaomi)がMi3シャンパンゴールドを発表、累計1,000万台の販売を記念して作成
メタルボディを採用したGalaxy Fの実物写真が流出
国内版「LG G Watch」の発送が開始、海外ではGear Liveも

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP