ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アニメ『花咲くいろは』がリアル宝探し 石川県・湯涌温泉が舞台

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
アニメ『花咲くいろは』がリアル宝探し 石川県・湯涌温泉が舞台

アニメ『花咲くいろは』の舞台となった石川県・湯涌温泉にて、リアル宝探しイベント「喜翆荘の純恋歌 恩返しは宝探しから」が行われる。

期間は2014年7月21日(月・祝)から1年間で、イベント開始に先駆けて、公式サイトにて参加キットの先行販売が行われている。

最終回後の『花咲くいろは』の世界を体験

『花咲くいろは』は、湯乃鷺温泉にある旅館・喜翆荘で働く主人公・松前緒花を主人公としたアニメ。板前や仲居の見習いとして働く女子高生たちの日常生活が描かれ、2011年にテレビ放送され人気を博し、2013年には劇場版が公開された。

今回の宝探しイベントでは、喜翆荘が閉館したその後という設定で、喜翆荘の女将であるスイの夫・誠司が残した手紙を手がかりに宝物を探すというもの。参加者は作品に登場する町並みを散策しながら、緒花たちと宝探しをしているかのような体験を楽しめる。

宝探しをクリアした人には、限定オリジナル描きおろしのポストカードやクリアファイルといったグッズがプレゼントされる。

毎年恒例の「ぼんぼり祭り」も開催

開催初日の7月21日(月・祝)の夜には、アニメ発祥のお祭りである「湯涌ぼんぼり祭り点灯式」も行われる予定。アニメが放映されて以来、毎年10月に行われている「ぼんぼり祭り」に向けて、今年も多くのファンが湯涌温泉を訪れると思われる。

本イベントは、RUSH JAPAN株式会社が企画制作を行うリアル宝探し「タカラッシュ!」との共同企画となっている。同社は他に、アニメ映画『宇宙兄弟 #0』(相模原市)や、漫画家・青山剛昌氏のキャラクター(鳥取県)とのコラボなども行っている。

このように、アニメによる町おこしの一環として、スタンプラリーやクイズゲームといった参加型イベントは各地で行われ、人気作品の場合や、地域や企画が作品とマッチし大成功を収め、住民にも歓迎される例が増えている。

『花咲くいろは』も、はじめの放送が終了して3年が経った今も、前述の「ぼんぼり祭り」を始めとした催しが増え、縁の地・石川県でのアニメファンの賑わいが根付き始めている。

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。