体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

うなぎパイで有名な春華堂が53年ぶりの新ブランドを発表! さっそく食べてみた

春華堂新商品

みなさん、春華堂という会社をご存知でしょうか? 「静岡のお菓子処の」「うなぎパイで有名な」という枕詞が付けばもう知らない人はいないでしょう。その春華堂から、『うなぎパイ』以来なんと53年ぶりとなる2つの新ブランドが発表されるとの情報を受け、さっそく試食会場に足を運んでみました。

五穀屋(ごこくや)

五穀屋

新ブランド『五穀屋』は健康のキーワードとして今や欠かせない五穀をベースに、日本人が好む味噌や醤油などの発酵食品を味わいとして加えた和菓子のブランドです。『五穀屋』ブランドとして、まんじゅう、おはぎ、せんべい、最中などの和菓子が展開されます。

五穀まんじゅう いつくさ

『五穀まんじゅう いつくさ』は醤油、あわ味噌、みかん酢など日本古来の発酵食のコクや香りを味わえる全5種類のまんじゅうです。

五穀まんじゅう いつくさ_黒米酒

その中から筆者は『黒米酒』のまんじゅうをいただきました。見た目も面白いこちらの生地には黒米を使用しており、さらに中のあんこにも黒米から作ったお酒の風味を感じる上品な味わいです。あんこの甘さが控えめなので、甘いモノが苦手な方でも美味しく食べられる印象でした。

五穀まんじゅう いつくさ

『五穀まんじゅう いつくさ』は、『黒米酒』、『醤油香せん』、『きびみかん酢』、『あわ味噌』、『たかきび塩糀』の5種類をラインアップして、各1個216円(税込み)。

五穀おはぎ はるごと

まんじゅうと並んで会場で反響を呼んでいたのが『五穀おはぎ はるごと』。『玄米』、『赤米』、『もち麦』の3種のおはぎは、それぞれ五穀の食感と糀(こうじ)の発酵による風味豊かなやさしい味わいが特長です。各1個194円(税込み)。

『五穀まんじゅう いつくさ』『五穀おはぎ はるごと』はいずれも、7月20日より静岡県浜松市に新しく開業するスイーツをテーマにした施設“nicoe(ニコエ)”内の店舗でのみ販売されます。職人の手わざによる手作りでの販売のため、毎日数量に限りがあるとのこと。しかし、同時にスタートするインターネット販売では、同じく五穀の味わいが楽しめる『五穀屋』ブランドの最中やせんべいなどの商品も販売されるので、なかなか静岡に行く機会がない、という方はこちらをチェックしてみてください。

coneri(こねり)

coneri

2つめのブランドは“粉を味わうパイ”がコンセプトの『coneri(こねり)』。パイと言ってもスティックタイプの形状が特長的で、浜名湖あおのり、しょうがなどで味付けされた6種類のパイ『coneri chobi(こねりチョビ)』を、塩キャラメル、塩こうじトマトソースなどの6種類から選べるオリジナルソース『&dip(アンディップ)』につけて食べるディップスタイルを提案しています。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。