ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android “L”で日本語キーボード「iWnn」のデザインが刷新

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Nexusスマートフォン・タブレットの標準日本語入力キーボードとなる「iWnn」のデザインがAndrod “L”リリースで刷新されました。変更のポイントは、ブラックカラーのキーボードの各キーがフラットな感じになったことと、確定ボタンのアイコンが新しくなったことだと思います。Android Lの“Material Design“に沿った外観を採用していますね。新しいiWnnは昨日リリースされたAndroid LのDeveloperプレビュー版に含まれています。システムダンプがXDA Developersで配布されているので、それに含まれているiWnnのapkファイルを手動でインストールすればAndroid Lではない端末でもアプリを利用できます。アプリバージョンの変化は「v2.2.6.jp-Google-T-9」→「v2.2.6.jp-Google-T-12」です。デザイン以外の部分で大きく変化したところは特にないようです。Source : XDA Developers(iWnnは「Android L Apps:」のZIPに含まれています)


(juggly.cn)記事関連リンク
HTC製Nexusタブレット? “HTC Volantis(Flounder)”のhboot写真が流出
Android “L”の新機能 : 「電池」メニューにはバッテリーの予想残り使用時間や消費量が表示、節電機能「バッテリーセーバー」も追加
「HP Slate 8 Plus」がHPフランスの直販サイトに登場、フルスペックが判明

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP