体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

実はホラーが大の苦手!? 映画『呪怨 -終わりの始まり-』主演・佐々木希さんインタビュー [ホラー通信]

jyuon_sasaki_01

2014年6月28日に劇場公開になる『呪怨』シリーズ最新作『呪怨 -終わりの始まり-』。佐伯家の謎に取り込まれていく小学校の教諭・生野結衣役を演じたのは、女優としての役柄の幅を広げている佐々木希さん。『ホラー通信』では、ロードショーを前にインタビューを敢行。「ホラーは苦手」という佐々木さんの、体当たりの奮闘の様子をお聞きすることができました。

jyuon_sasaki_02

ーー『呪怨』シリーズといえば、今や日本を代表するホラー作品になっています。出演が決まった時の率直なお気持ちはいかがでしたか?

佐々木希さん(以下・佐々木):誰もが知っている作品なので、素直に嬉しかったですね。反面、やはり不安はありました。ホラーが苦手なので、どんな現場になるのか、と…。

ーー『呪怨』が、ということではなく、ホラー映画全般が苦手?

佐々木:全体的に苦手ですね。小学校の頃に『リング』を観て以来、観ていないんです。でも、時々深夜にテレビで(ホラー映画の)予告CMが流しているのを観てしまうことがあって…。見たくなくても見ちゃうじゃないですか? すごい怖いんです(笑)。

ーーでは、出演が決まって『呪怨』の過去作も観てみたのでしょうか?

佐々木:実は観ていないんです。すごい言い訳に聞こえてしまうかもしれないのですが…。今までの作品では演技の参考になればと、資料として色々なものを観ているのですが、今回は「観れないな」と思って…。これまでに出演していた方の真似をしてしまいそうだったので…。やっぱり言い訳ですね(笑)。

ーーほんとうに苦手だということがよく伝わってきました(笑)。それでも、完成して試写はご覧になったのですよね?

佐々木:はい。顔を手で覆って見ちゃっていました(笑)。脚本を読んでいるので次のシーンが予想できるのですがやっぱり怖かったですね。音楽や効果音も足されているので、知っていてもとても驚きました。心臓に悪かったです(笑)。

ーー音もですが、日常の何気ないアイテムも、恐怖を呼び起こす手段として使われていますよね。

佐々木:普段生活している風景が出ていて怖いですよね。電子レンジや冷蔵庫は、しばらく見るのが怖かったです。今ではだいぶ慣れてきましたが…。特に電子レンジに猫を入れるシーンがあって…。動物が大好きなので、あれは心が痛かったです…。

ーー演じられた結衣は、小学校の先生というこれまでの出演作とはまた違うキャラクターです。役作りのポイントを教えて下さい。

佐々木:結衣はすごく勇敢な女性。不登校の児童がいて、その子の謎を解いていくためにどんどん前に進んでいく強い女性だな、と思いました。そういうところを出しつつ、プライベートでは甘えることができる存在の彼(青柳翔さんが演じた宮越直人)がいて、ちょっとくだけた感じになる。そのギャップを出すことができればいいね、と打ち合わせで落合(正幸)監督と話をしていました。

ーー落合監督の印象も教えて下さい。

佐々木:監督は、すごく物腰が柔らかくて、優しくて、きちんと細かいところまで教えてくださったのですが、時々笑いながらハードな指示をされるので怖かったです(笑)。

ーー演出や要求される演技も、これまでの映画やドラマとは違うところも多かったのでしょうか?

佐々木:全然違いましたね。ずっと肩がこわばっていていたり驚いていていたり、常に緊張している状態でした…。息遣いが荒いシーンが続くので、おなかの筋肉痛になったりもしました。

1 2次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy