ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SEKAI NO OWARI初の映画『TOKYO FANTASY』、キービジュアル公開!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年1月にリリースした「スノーマジックファンタジー」は、オリコン週間チャートで初の初週1位を獲得し、先日終了したばかりの全国アリーナツアー『炎と森のカーニバル-スターランド編-Supported by OXY』では9ヵ所15公演で15万人を動員したSEKAI NO OWARI。そんな彼らの映画『TOKYO FANTASY SEKAI NO OWARI』が8月15日(土)より公開となり、今回その映画のキービジュアルが解禁された。

キービジュアルの撮影をしたのは、本作の監督でもあるラファエル・フリードマン。ミシェル・ゴンドリーら名だたる映像作家が所属するプロダクション「パルチザン」に所属し、昨年フランスで公開し話題となった『WTF』の日本公開(今秋)も決定した大注目のクリエイター。フォトグラファーとしても活躍中のラファエルが、本作のクランクアップ直後、「TOKYO」の街中で撮影した。

また、インターネットで座席指定もできるカード型前売券(ムビチケカード)および全国共通特別前売券が7月12日(土)より発売決定。前売特典として、先着でオリジナルステッカーがプレゼントされる。絵柄は各2種類。価格はいずれも1500円(税込)。販売劇場などの詳細は、同映画のオフィシャルサイト、または各劇場HPにて確認を。

タイトルの『TOKYO FANTASY』とは、SEKAI NO OWARIが進化する中で辿り着いた、狂気と幻想とリアリティと日本という自分達のアイデンティティの源泉と世界へ向けた挑戦への強い意志を言葉にしたもの。SEKAI NO OWARIが掲げるテーマであり、ライヴや楽曲制作でも常に根底にある『TOKYO FANTASY』を、今回は映像化させようとする試みだ。彼らの代名詞であるファンタジックな内容やプライベートシーン、全国アリーナツアー『炎と森のカーニバル』のリハーサルを含めたドキュメンタリー、さらにはアニメーションと様々な演出を加えたエンターテインメント作品に仕上がっている。

映画『TOKYO FANTASY』
8月15日(金)全国ロードショー
出演:SEKAI NO OWARI  
監督:ラファエル・フリードマン 
製作:TOKYO FANTASY FILM PARTNERS(東宝、ラストラム・ミュージックエンタテインメント、トイズファクトリー、AOI Pro.
制作プロダクション:AOI Pro. 
配給:東宝映像事業部 
宣伝:シンカ
(C)2014 TOKYO FANTASY FILM PARTNERS

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
映画『TOKYO FANTASY』オフィシャルサイト
livetuneが担当する「リプライ ハマトラ」OPテーマに9mm Parabellum Bulletの菅原卓郎&滝善充が参加

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP