体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

音楽データの転送も簡単! ビクターから8GBメモリー内蔵の『メモリーポータブルシステム RD-M8』発売

メモリーポータブルシステム RD-M8


ビクターは、8GBメモリーを内蔵し、携帯電話やデジタルオーディオプレーヤーに音楽データをかんたんに転送できるメモリーポータブルシステム『RD-M8』を6月中旬より発売します。パソコンに接続しなくても、携帯電話から曲名を自動入力できる『MAGIC SYNC』も採用しています。

『RD-M8』は、約4000曲の音楽データを保存できる8GBフラッシュメモリーを内蔵。CD、USBメモリー、FM/AMラジオなどから内蔵メモリーに音楽データをストックしておけば、『WMA音楽ケータイ』やデジタルオーディオプレーヤー(『Windows Media Player』で音楽ファイルを管理できるモデルのみ)に、最大50倍速で高速転送できます。

携帯電話に接続すれば、楽曲情報を取得できる『MAGIC SYNC』を採用。ラジオや外部入力から録音したデータも、曲名を自動で入力が可能です。内蔵メモリーの音楽データは、ジャンルやアーティストごとに7個のフォルダに分類できます。

メモリーポータブルシステム RD-M8

本体の『スナップショット・キー』を押すと、最大2分前からのファイルを作成。聴き逃してしまったラジオも後から聴き直しOKです。また、聴いている位置に合わせて音像を移動できる『サウンドシューター』を搭載しており、部屋のどこにいてもベストポジションで音楽を楽しめます。

音声出力端子は、USB、LINE IN/OUT(アナログ/ステレオ各1)、ヘッドホン用ステレオミニジャック、スピーカーは4W+4W、サイズはW430×H165×D250、重さは4.6kg。カラーは、メタリックグレー、ピンク、シルバー、ホワイトの4色、価格はオープンです。
 
 

■関連記事
ティアック、懐かしい音源をCD化できるターンテーブル&カセット付きCDレコーダーを発売へ
ティアック、USBメモリーに録音可能なCDプレーヤー/カセットデッキ『AD-800』発売へ
レコードやカセットからSDカードまで! 全部イケるオーディオシステム『EXEMODE ER-270』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。