ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

吉野家のオフィシャル居酒屋『吉呑み』が激安すぎてサラリーマンの味方! 昼も夜も吉野家で激安人生!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『吉野家』がオフィシャル居酒屋『吉呑み』を作ったと聞いたので行ってみました。『吉野家』が蕎麦屋をやっているのは知っていましたが、まさか居酒屋もやっているとは知りませんでした。

1階が『吉野家』で、2階が居酒屋になっているそうです。お店に行ってみたところ、本当に『吉野家』が居酒屋をやっていました。居酒屋の名は『吉呑み』といい、店頭には『吉野家』なのに赤提灯が飾ってあって、ちょっとユニーク。

『吉呑み』に入るには、一度『吉野家』に入ってから階段をのぼって2階に行く必要があります。とりあえず『吉野家』に入ると、元気な女性店員さんが「いらっしゃいませー!!」と挨拶してくれました。

[全ての画像を見るにはこちら]

「2階に行きたいのですが……」と言うと、「あっ、はいどうぞー」と案内してくれました。

2階の『吉呑み』フロアに入ると、そこはまさしく『吉野家』そのもの。出している料理が居酒屋メニューになっているだけで、内装は吉野家とまったく同じです(吉野家メニューも注文できます)。優しそうなおっちゃんが一人で接客してくれました。テレビがあるので、その点は吉野家と違うかな。

ビールを飲みながらテレビを見て寛ぐ。いい感じじゃないですか。

『吉野家』のカウンター席がメインなので、一人飲みのお客さんが多いのかも知れません。でもテーブル席も作られているので、2~4人も可能ですが5~6名は一緒に座れないと思います。

カウンターに並んで座れば可能ですが、そんなに席数は多くないです。

おっちゃんが何にしましょう? と聞いてきたので、ビール、刺身、牛すい、枝豆を注文しました。ビールはすぐでしたが、料理が出てくるまで注文してから5分以上かかっていたので、注文を受けてから調理をしているのかも知れません。

枝豆 160円
卵焼き 160円
たっぷり野菜 160円
冷奴 160円
フライドポテト 160円
コーン 160円
刺身 310円

刺身は薄切りですが鮮度もしっかりしてて美味しかったです。牛すいは牛丼と同じ牛肉が入ったスープ。やや味が濃い気がしましたが、これもまた満足の味。

居酒屋としての色気はないかもしれません。でも、このチープさがむしろ良い気がしました。おっちゃんのゆったりした雰囲気も良いです。

吉呑み
東京都千代田区鍛冶町2-13-26

By 八幡

※この記事は、おもしろ動画&ニュース サイト「Buzz+ (バズプラス)」が執筆しました。そのほかの記事はこちらから!
http://buzz-plus.com/ [リンク]

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP