体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Crossfaith、イギリス最大のロックフェス「DOWNLOAD FESTIVAL」メインステージに出演

イギリス郊外で13日より3日間、総勢150組のロック・アーティストが参加したヨーロッパ最高峰のロック/メタル・フェスティバル「DOWNLOAD FESTIVAL 2014」において、Crossfaithが6月13日(金)、そのメインステージでライヴをおこなった。

Crossfaithが「DOWNLOAD FESTIVAL 2014」メインステージに出演! (okmusic UP's)

2012年の初めてのUKツアー以降、精力的にUKを中心にヨーロッパ各地でツアーをまわってきたCrossfaith。WARPED TOUR UKでは入場規制がかかり、各英国音楽誌に”10年に一度の衝撃”と言わしめるほど、その知名度と実力が高く評価。今年の2月にはリンプ・ビズキットとツーマンで英国誌『KERRANG!』が主催する全英ツアー「KERRANG!TOUR」を行ったほどの人気ぶり。その世界的な活躍が評価され、今回の大型フェスメインステージでのパフォーマンスとなった。メインステージに日本人、いやアジア人が立つのは2005年のTHE MAD CAPSULE MARKETS以来、約10年ぶりのロック史に残る歴史的快挙である。

今年のラインナップも豪華で、エアロスミスやリンキン・パーク、アヴェンジド・セヴンフォールドといった世界的なビッグバンドがヘッドラインを飾り、フォール・アウト・ボーイやロブ・ゾンビ、ブリング・ミー・ザ・ホライズンなどがメインステージで出演するほど。この日も総来場者数が9万人を超え、Crossfaithのパフォーマンスにもヨーロッパのロック/メタル・ファン約2万人が集結した。

この日のCrossfaithのライヴは、実際に各メディア媒体からは最高評価を受けており、リンキン・パークやアヴェンジド・セヴンフォールド、ブリング・ミー・ザ・ホライズン等、世界的アーティストが軒並みいた中、オーディエンスの多くからもダウンロード・ベストアクトと評されている。まだまだ20代前半中心のバンドであるだけに、さらに世界を圧巻していく姿が楽しみだ。

「DOWNLOAD FESTIVAL 2014」ライブレポ
トップバッターのMiss May Iに続いてCrossfaithは登場。会場はすでに多くの観客で埋まっている。「We Are The Future」のイントロが始まり、Terufumi Tamano(以下、Teru)が登場して、中央のモニターの上に立って勢い良く手を挙げると、会場も手を挙げて応える。デビルサイン、拍手、拳、そして「ウォーーッ」という歓声。続いて他のメンバーが登場、最後にヴォーカルのKenta Koie(以下、Ken)が登場して、「We are Crossfaith from Japan! Are you guys ready?!」と煽ると会場に火が付く。

バンドは髪を振り乱しながら演奏を始め、最初からマックスのテンション。Kenが「Jump Up!! Come On!!」と煽ると、客もジャンプし始める。そして「ヘイ!ヘイ!」と連呼しながら、拳を挙げて応えている。あちこちで笑顔が見られ、そこにはすでに一体感がある。バンドが客を盛り上げるのが早いだけでなく、本当に楽しみに観に来ているファンに支持されている感じがストレートに伝わってくる。そして、Crossfaithというバンドのサウンドの圧倒的な凄さもこの大会場で遺憾なく発揮されている。分離の良い音。重低音の破壊力とエレクトロの甘美なメロディ感が同居していて気持ちいいのだ。

2曲目は間髪を入れず始まった「Monolith」。容赦ないビートダウンに乗せてエレクトロ・サウンドが唸りを上げ、会場全体を巨大なグルーヴに巻き込んでいく。歓声、スクリーム、手拍子、拳。「一番大きなサークルピットを見せてくれ」とKenが煽ると、あちこちで次々とサークルピットが生まれる。続く「Countdown to Hell」では、一気にイントロからサークルピットに火が付く。「Lies Lies Lies」と会場がシンガロングすると、Teruもステージのランウェイに出てきて煽り、客席に身を投げてクラウドサーフをかます。鳴り止まない手拍手の中、「みんなのジャンプするところを見せてくれ。Are you ready?!」とKen。「Scream!!」と煽るとさらに大きな歓声が返ってくる。

再びKenが「全員ジャンプするところを見せてくれ」と煽り、ドラムのイントロが始まると、その曲は「Eclipse」だった。「Bounce, bounce! 1, 2, 3, Go!」。会場中がスゴいタテノリで狂気の坩堝と化していく。モッシュ、ジャンプ、「Till the morning!」のシンガロング、手拍子。ダンス・ミュージックとメタルコアが見事に融合したこの曲はこのバンドの真骨頂だと思う。客の反応を見れば、そこにはその二つの要素が引き起こす至福と興奮が同居しているのだ。

盛り上がり過ぎたのか、Kenは思わず「Holy shit!」と口にする。その表情は感極まっているのか、嬉しすぎるのか、隠しきれないという感じだ。そして、ここでさらにプロディジーの「Omen」のカヴァーが投下される。イギリス人にはおなじみの曲だけあって、シンガロングが多い。途中でドラマーのTatsuya Amanoも前に出てくるし、Kenは客席に身を投げながら歌う。凄まじいドラムの連打に応える大きな歓声。Kenも思わず「Oh my fuckin’ god!」。さらに、客のみんなにしゃがむように指示した後、「1, 2, 1, 2, 3, Let’s Go」とカウントを入れると、しゃがんでいた全員が同時に立ち上がって、踊りまくり、手を挙げる。Crossfaithはダウンロードを完全にロック状態。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。