体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

秦 基博、アコースティックライヴツアーファイナルにて新曲披露!

4月30日の大阪フェスティバルホールを皮切りに行なった、約2年振りのアコースティック・ライヴ「Hata Motohiro presents an acoustic live “GREEN MIND 2014"」(13都市17公演、立ち見席も含めSOLD OUT)が、6月19日に同会場にてツアー・ファイナルを迎えた。

6月19日@大阪フェスティバルホール (okmusic UP's)

「GREEN MIND」とは、2008年5月4日(みどりの日)に神奈川県民ホールにて第一回目が行われて以降、美術館や芝居小屋、野外公園、日本武道館、世界遺産と会場や形を変えながら全国各地でシリーズ開催されてきた自身の企画による弾き語り主体のアコースティック・ライヴである。

「Theme of GREEN MIND」のメロディと共にゆっくりと会場の照明が落ちてゆく中、静寂な舞台に秦が登場すると客席の神経が彼に注がれた。1曲目弾き語りで「サークルズ」を歌い始めると、ホールが一気に静まりかえる。

「【GREEN MIND2014】ファイナルへようこそ!!今日はアコースティックなライヴということで、リラックスしながら聴いてもらえたらと思います」と「My Sole, My Soul」を披露した。

「昨年はアルバム『Signed POP』をリリースして、バンドで長いツアーをまわっていたので「GREEN MIND」をお休みしていました。それで『Signed POP』の楽曲をアコースティックで演奏する機会がなかったわけなんですが、今回はバランス良く組み込んでいます」と述べ、『Signed POP』収録曲から「現実は小説より奇なり」をアルバムのメローなアレンジとは趣を変え、弾き語りでソリッドにじっくりと聴かせた。続いては自身の代表曲とも言える「アイ」を。こうして新旧の楽曲をギターと声だけで味わえるのはまさに「GREEN MIND」ならではの醍醐味だ。

MCでは、2014年2月上旬、オーストラリア・メルボルンのギター老舗メーカー「MATON」社訪問のため渡航した、自身初の海外話へ。昨年のツアーから愛用している秦仕様のMATON製のギターが4月下旬から「EBG808MH秦 基博シグネチャー・モデル」として販売されているが、今回のツアー用に新たな1本をオーダーしたのが訪豪のきっかけとなった。

完成したばかりの新しいギターを紹介すると、最新シングル「ダイアローグ・モノローグ」、そして『Signed POP』から「自画像」を弾き語り、メイトンギターの豊かな響きと多彩な表情を会場に響かせた。特に「自画像」ではループマシンを自在に操り、まるでバンドと演奏しているかの様なパワーを発揮し、いつしか16ビートファンクというアグレッシブな世界に観客を一気に引き込んでいった。

ここからは今ツアーの新たな試みとして、全国各地、当日の会場にて秦への質問を受け付ける、その名も「みどりの窓口」と称した(グリーン・マインドにちなんだ)コーナーへ突入。サポートメンバーの朝倉真司(Percussion)、鹿島達也(Bass)、皆川真人(Keyboards)が順次登場する際 、それぞれ気に入った質問を選んで持ち込み、秦に手渡しトークを繰り拡げるという観客参加型のお楽しみ企画で和ませた。

朝倉とは「プール」、鹿島が加わり三人で「君のいた部屋」、そして皆川と2人で昨年公開された劇場アニメーション「言の葉の庭」のエンディング・テーマ、大江千里のカバー曲「Rain」を披露した。

トークとアコースティック・セッションのゆったりした時間が流れた後は、軽快なギターのカッティングとともに後半戦がスタート。「SEA」「Honey Trap」、USEN HIT J-POPランキング年間1位(2013年)を獲得した人気曲「Girl」、そして「スプリングハズカム」「キミ、メグル、ボク」とたたみかけ、会場は一気にヒートアップ。

熱気に包まれた会場を少しクールダウンさせるかのように、シングル「ダイアローグ・モノローグ」のカップリング曲「五月の天の河」を。「五月の天の河」は今回のツアーをイメージして<一緒に何かを共有する、そんな時間を大切にしたい>という気持ちを込めて制作された楽曲であることが告げられる。ステージセットの満天の星空と共に、同曲に込められた秦の思いは存分に伝わったに違いない。

そしてサポートメンバーとの最後のセッション曲「鱗(うろこ)」を力強く歌いあげると、「今回の【GREEN MIND】は大阪で始まり大阪で終わるという、大阪のみなさんとGREEN MINDを一緒に過ごせたのはすごく嬉しいです。ありがとうございます」と笑顔で挨拶。本編最後は「言ノ葉」の弾き語りで締め括られた。曲中、アカペラで歌うシーンでは、秦 基博の圧倒的な声の存在感と言葉のチカラを改めて印象づけた。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。