ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米粉を使用したもちもちの“低アレルゲンメニュー”がモスの定番商品に仲間入り

DATE:
  • ガジェット通信を≫

モスの新たな定番商品として、米粉を使用したもちもちの“低アレルゲンメニュー”が登場!

モスバーガーが『米粉もちもちバーガー「ポーク」』と『米粉もちもちドッグ「ポーク」』を7月8日から新発売する。

“低アレルゲンメニュー”とは、食物アレルギーを引き起こしやすいものとして義務付けられている特定原材料7品目(卵・乳・小麦・えび・かに・そば・落花生)を原材料に使用しないメニューのことだ。

『米粉もちもちバーガー「ポーク」』(330円)は、山形県産の米粉を使用したもっちりとしたバンズに、豚肉に玉ねぎ、にんじん、コーンを混ぜ込んだポークハンバーグをはさんだ商品。ソースは野菜のうまみや甘味が溶け込んだケチャップベースのやさしい味付けに仕上げた。

『米粉もちもちドッグ「ポーク」』(360円)は、山形県産の米粉を使用したもっちりとしたパンに、豚肉の甘くジューシーな味わいが特徴のポークウインナーをのせた商品。

今回新たに2商品が加わったことで、2009年からモスバーガー全店舗(一部店舗除く)で販売されている『モスライスバーガー「ポーク」』と合わせて同店の“低アレルゲンメニュー”は全部で3商品となる。

これまでアレルギー体質によりパンを使用したハンバーガーを食べられなかった人でも、安心して食べることのできるモスの新しい定番商品。アレルギー体質の人はもちろん、そうでない人もぜひ米粉を使用したハンバーガーのもちもち感を味わってみて!

ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP