ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iFixitで「OnePlus One」が分解される、修理のしやすさスコアは10段階中5の評価

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国のスマートフォン開発ベンチャー企業 OnePlusのCyanogenModスマートフォン「OnePlus One」が米iFixitで早くも分解されました。今回分解されたのは招待制で販売中の64GBモデルです。iFixitによる修理のしやすさを示すスコアは10段階中5の評価でした。これはGalaxy S 5と同じ評価です。OnePlus Oneはバックカバー一体型構造を採用しており、バッテリーを交換したり、内部にアクセスすることが、取り外し可能な機種に比べて難しいことが挙げられています。パーツの中には単体で交換できるモジュール型のものも多くあると言われていますが、ディスプレイとタッチパネルは強力に接着されており、それぞれを単体で交換することは不可。また、それらはミドルフレームに熱を加えないと外れないなど、一部のパーツを交換するのが困難だと言われています。今回の分解調査によって、Samsung製LPDDR3 RAM「K3QF7F70DM-QGCF」、東芝製eMMC 5.0 NANDフラッシュ「THGBMBG9D8KBAIG」、Qualcomm製オーディオコーデック「WCD9320」、Skyworks製パワーアンプ「SKY77629-21」、Qualcomm製コンボチップ「WCN3680」、Qualcomm製RFトランシーバー「WTR1625L」、Skyworks製WLANフロントエンドモジュール「SKY85709」、Synaptics製タッチパネルコントローラー「 S3508A」などが使用されていることが明らかになりました。Source : iFixit



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z2a(D6563)がGCFの認証を取得
ジャパンディスプレイ、“Pixel Eyes”を適用したタブレット用液晶モジュールを量産へ
Sony、Androidウォークマン「NW-F880シリーズ」と「NW-ZX1」にOpenSSLのHeartBleedバグ対策アップデートを配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP