ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リモートデスクトップアプリ「Parallels Access」のAndroid版がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

仮想化ソフトウェアを手掛ける「Parallels」がAndroid向けにリモートデスクトップアプリ「Parallels Access」をリリースしました。Parallels Accessは、モバイル端末でPCやMacをタッチパネルを使ってリモート操作できるアプリです。元々はiPad用として提供されていましたが、遂にAndroid版がリリースされました。Android版はスマートフォンとタブレットで利用できます。Parallels Accessでは、コンピュータの画面をそのまま表示するデスクトップモードに加えて、ソフトやファイル管理機能の利用に特化した動作モードをサポートしており、それらを適宜切り替えて利用できます。操作は基本的にタッチパネル操作で行い(マルチタッチジェスチャー対応)ますが、マウスカーソルを表示してPCライクに操作することもできます。Parallels Accessを利用するには接続先となるコンピュータ側に「Parallels Accessエージェント」をインストールする必要があります。Parallels Accessは年額2,000円の有料サービスですが、アプリインストールから14日間はトライアル期間となっており、無料で利用できます。Parallels Access」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Nike、Androidに対応した「Nike+ FuelBand」のコンパニオンアプリをリリースしま
Android Tips : YouTubeアプリのトップ画面を「登録チャンネル」に切り替える方法(要root化)
Xperia Z1 / Z1 Compact/ Z1f / Z Ultraをブートローダーをアンロックせずにroot化する方法が公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP