体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【アウトシュタットbyフォルクスワーゲン】フォルクスワーゲンミュージアム――今も輝き続ける”愛すべき馬鹿”たち

1

ウォルフスブルク市から少し離れたところに、“フォルクスワーゲンミュージアム”という博物館がある。ここは、フォルクスワーゲングループの歴史的な名車の数々が展示されている、ウォルフスブルクの知る人ぞ知る観光スポットである。

2 3

入館してすぐ、展示室に向かう10メートルほどの通路があるのだが、そこには伝統あるフォルクスワーゲングループの昔の広告がずらりと並んでいる。フォルクスワーゲングループは1937年に設立された後に第二次世界大戦など歴史的な出来事を経験しており、そういった社会情勢の影響を大きく感じ取ることができる貴重な資料と言える。

暴走する遊び心! ”愛すべき馬鹿”の歩み

フォルクスワーゲングループといえば、先日お伝えした“ヴェルターゼ”に代表されるように、メリハリのきいた(振り切った)大胆な遊び心を持った現代では貴重な自動車メーカーである。そしてここフォルクスワーゲンミュージアムにも、歴史的価値の高い名車の数々に紛れ込むように、ユーザーが制作したトンデモナイ車が展示されていたので紹介していこう!

参考記事
■【ヴェルターゼbyフォルクスワーゲン】フォルクスワーゲンファンの聖地! 空前のスケールで行われた車好きの祭典
http://getnews.jp/archives/595380

ユーザーの愛情を感じるカスタムカーの数々

5

“Seifenkiste”というカートレースのために制作されたというこの車。『フォルクスワーゲン』といえば今日まで続く『ビートル(カブトムシ、フランスではテントウ虫と呼ばれることも)』という名車があるため、それにちなんだ塗装にしたものと思われる。

6

地上を走行する際はレシプロエンジンを使用し、空中を走行(!?)する際は気流を推進力にすることができる画期的な車。なぜ熱気球のシステムを積もうと思ったかは分からないが、地上を走ることに飽きた制作者は空を飛んでみたくなったのだろう。
 

7

『ビートル』をモチーフに、木材を加工して制作された作品も。全体的な荒削り感はあるものの、室内の小物類やタイヤに至るまで作り込まれており、制作者の愛情が感じられる一台である。
 

8
1 2 3次のページ
まがりんの記事一覧をみる

記者:

車担当。 q@magarin.net

TwitterID: magarin_14

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会