ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米国のベンチャー企業がAndroidをデスクトップPCに最適化した「Console OS」を開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国のベンチャー企業 Mobile Media VenturesがGoogleのAndroid OSをデスクトップPCに最適化した「Console OS」の開発のための資金調達キャンペーンをクラウドファンディングサイト Kickstarterで開始しました。Console OSはAndroidベースのカスタムROMの一種で、x86プロセッサを搭載したデスクトップPCや2-in-1タブレットでプライマリOSとして利用されることを目標に開発が行われています。Androidはスマートフォンやタブレットなどのタッチデバイスでは操作に支障なく使えていると思いますが、デスクトップPCなどの非タッチデバイスで動作させた場合、使いづらいと感じることがよくあります。

Console OSでは、デスクトップPCの高速なCPU・GPUを利用することで、Androidアプリ・ゲームのパフォーマンスが改善するアピールポイントにしていますが、同社は100以上もの独自機能によってデスクトップPC/ノートPCの通常の作業でも使いやすいとしています。Source : KickStarter



(juggly.cn)記事関連リンク
欧州版Ascend P6にAndroid 4.4.2(B510ビルド)へのアップデートの配信が開始
RSSリーダーアプリ「gReader」がv3.7.5にアップデート、プルダウン更新に対応
ASUS、MeMO Pad 7(ME176C)日本モデルにソフトウェアアップデートを配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。