ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Huawei、Snapdragonプロセッサを搭載したAscnend Mate 2 LTEモデルを米国で販売開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国のHuaweiが同社の主力スマートフォンの一つとなる「Ascend Mate 2(4G)」を米国で発売しました。米国ではHuaweiの直販サイトでSIMロックフリー版が販売されています。Ascend Mate 2は6.1インチの大画面液晶ディスプレイを搭載したAndroidファブレットです。米国モデルはLTE(Cat 4)にも対応しています。Ascend Mate 2はこれまでに中華圏のみで販売されていたマイナーな製品だったのですが、米国でデビューしたことで、少しは知名度が向上するかも。米国モデルはT-MobileとAT&Tの2G/3G/LTEネットワークに対応しており、$299(約30,300円)のリーズナブルな価格で販売されています。Ascend Mate 2の主要スペックは、6インチ1,280×720ピクセルのIPS液晶ディスプレイ(ゴリラガラス3)、Qualcomm Snapdragon 400 MSM8928 1.6GHzクアッドコアプロセッサ、2GB RAM、16GB ROM(Micro SDカード最大32GB対応)、背面に1,300万画素のExmor RSカメラ(F2.0レンズ)、前面に500万画素(F2.4レンズ)カメラ、3,900mAhバッテリーを搭載。Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.0、NFC、Wi-Fi Directなどに対応しています。対応周波数はGSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA(B2/4/5/7)、LTE(B2/4/5/17)です。OSはAndroid 4.3(Jelly Bena)で、Emotion UI 2.0 Liteを搭載しています。Source : Huawei



(juggly.cn)記事関連リンク
国内ベンチャー企業がAndroidを搭載した格安SIM完全対応のSIMロックフリースマートフォンを今秋に国内外で発売
米国のベンチャー企業がAndroidをデスクトップPCに最適化した「Console OS」を開発中
GyaO!、FIFAワールドカップブラジル大会のハイライト動画を無料配信

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP