ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「第三のビール」と「発泡酒」の違いは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「税金」と「新しいお酒」との「いたちごっこ」

「第三のビール」と「発泡酒」の違いは

今や「発泡酒ビール」や「第三のビール」は、家計を支える大黒柱のような存在。味わいからすると「すべてビール」なのですが、これらがどのように区別されているのかは少々複雑です。

日本では、明治時代から「酒税」は国家を支える大事な税収です。明治時代には、国家予算の30%以上が「酒税」だったそうです。

フランスやイタリア、ドイツなどのお酒の先進国では、お酒の品質に関する法律が整っています。しかし、日本においては、お酒は基本的に「税金」の手段でしかないようです。今、日本では、「税金」と「新しいお酒」との「いたちごっこ」が行われていると言っても過言ではありません。また、「国酒(日本酒&焼酎)」も例外ではありません。新ジャンルが登場し、ヒット商品になると、そこを税収のターゲットに「増税が実施される」の繰り返しです。ある意味、消費者不在の「税金ごっこ」とも言えます。

麦芽の比率を下げて造られたものが「発泡酒」

では、「第三のビール」と「発砲酒」の違いについて解説します。

「本来のビール」は、麦芽とビール酵母、そして香り付けの元になるホップと水で造られています(麦芽の使用率は67%以上、アルコール20%未満)。日本では明治時代に普及しはじめ、戦後あっという間に日本酒を抜き去り「酔う手段」のトップに躍り出ました。

順調に伸びてきたビール業界ですが、デフレが長期化し停滞した経済状況で給与が下がり、少しでも安く競争力のあるビールを造らなければならなくなりました。「そうしないと、より安価な焼酎やカクテル感覚のリキュールに酔う手段を奪われる」といったところでしょう。

そこでビール業界があみだしたのが、まずはビールより税金が安い「発泡酒ビール」です。この「発泡酒ビール」が「第二のビール」と呼ばれるもの。ビールの原料となる麦芽の比率を下げて造られたもので、麦芽使用率は25%~67%未満で、主流は25%未満です。それゆえ、どこか味わいに物足りなさがあります。しかし、低い税率と高価な原料である麦芽の比率を下げることで、価格を下げることに成功。価格が下がったことで競争力が上がり、よく売れるようになりました。

大豆やトウモロコシなどを用いて造られる「第三のビール」

しかし、売れると税金を掛けてくるのが国税局。そこで、ビール業界は別の魔球を開発します。さらに税金が安く、価格を下げることができる新ジャンルの「第三のビール」を誕生させます。

「第三のビール」は、麦芽使用率0%。「もはやビールではない」と言えるかもしれません。原料が「麦芽」以外のもので、エンドウ豆、大豆、トウモロコシなどで造られ、ビールの風味を付けています。しかし、売り出されるボトルはビールをイメージさせるものばかりで、かなり誤解を生じさせています。

また、まだ「第三のビール」のカテゴリーに属していますが、すでにリキュールタイプの「第四のビール」まで誕生しています。ある意味、日本酒業界が戦後に日本酒を三倍に薄めた「三増酒」なるものを造り出したり、日本酒っぽい「合成清酒」なるお酒を世に送り出したりしたのとそっくりです。

その結果、日本酒業界は「己の首を己で締める」という結果になり衰退していきました。ビール業界も「危うい道筋をたどっている」と言えるかもしれません。原料の安い国で、安価なジュース並の価格で「第三のビール」や「第四のビール」が造られたらどうなるのか。「国税局」VS「ビール業界」戦争が、どこまでも続いていくかもしれません。「第一のビール」の味わいが、世の中から消えないようにしてもらいたいものです。

JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。