ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、LTEに対応したエントリーモデル「Galaxy Core Lite」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungが、ローエンドモデルながらもLTEに対応した新型Androidスマートフォン[Galaxy Core Lite」を台湾で発表しました。Galaxy Core Liteは、今年2月に発表された「Galaxy Core LTE」の低価格モデルといった感じの機種で、現地では、7,988台湾ドル(約27,000円)の価格で販売されます。ディスプレイは4,7インチWVGA解像度のTFT液晶、プロセッサは1.2GHzクアッドコアを搭載。メモリは1GB RAM / 8GB ROM(Micro SD最大64)を搭載。カメラは背面に500万画素(AF対応)を搭載しています。ワイヤレス通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、NFC、Wi-Fi Direct、GSM/WCDMA/LTE cat 3(700/900/1800/2100MHz)に対応しています。バッテリー容量は2,000mAh。筐体サイズは133,1mm x 70.0 x 9.85mm。Galaxy Core Liteは台湾で6月中に発売されます。Source : Samsung Taiwan



(juggly.cn)記事関連リンク
Allwinerが「UtraOcta A80」のリファレンスタブレットを披露、iPad Airの9.7インチRetinaディスプレイを搭載
HTC One(M8)のプラスチック版「HTC One(E8)」が6月18日に発売、価格は2,999元(約49,000円)
NVIDIAの公式サイトで「SHIELD Tablet」の名前が確認される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP