ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ステイサム兄貴をイメージした漆黒のスープ! あの名店が開発した「ハミングバードらーめん」を食べてみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『トランスポーター』『エクスペンダブルズ』シリーズの人気俳優ジェイソン・ステイサム。その鋭いまなざしと46歳男の色気、クールなアクションの数々にシビレている人も多いでしょう。そんな、ステイサム兄貴の最新作が『ハミングバード』。復讐に燃える元特殊部隊員を熱演したサスペンスアクションです。

例のごとくガチなアクション満載な、この『ハミングバード』の6月7日からの公開を記念して、新宿の人気ラーメン店「二丁目つけめんGACHI(ガチ)」がスペシャルメニューを考案。ナント、兄貴のハゲ……スキンヘッドをイメージしたという、若干失礼なラーメンなのです。

ラーメンもステイサム兄貴も大好物な記者が、この「ハミングバードらーめん」を早速実食。写真と共にそのお味をレポートいたします。



まず驚くのは、この漆黒のスープ。この黒色は竹炭によるもの。ちょっと毒々しい見た目ではあるが、「デトックス&コラーゲン」をテーマに鶏の皮とモミジと呼ばれる鶏の足を煮詰めたコラーゲンたっぷりのスープ。見た目からは味の想像がつきませんが、味はチキン由来の甘味も旨味も非常に濃厚な鶏白湯で、このスープだけでご飯が進んでしまいそうな魔力があります。

実はこのスープ、アルコールを飛ばしたテキーラも含まれているそう。言われてみればわずかに特有の香ばしさが漂っていました。「泥酔したステイサムを表現した」とのこと。


麺は太麺。歯ごたえよりも弾力のあるモチモチ感なので食べていて楽しいくらい。スープが絡みつくようにかなり揉んだそう。具(王道トッピングである柔らかいメンマや炙り鶏モモ)が沈んでいるのも、「闇に沈めてきた敵」を表現しています。


煮タマゴには「ハミングバード」の焼き印が!


ペロリと完食! 鶏白湯の濃厚さは、本作の濃さに負けない強さを秘めているはず。映画もガチだが、旨さもガチだった。


この「ハミングバードらーめん」制作秘話について、「株式会社 麺庄」代表取締役でありラーメンクリエイターの庄野智治さんにお話を伺ってきたゾ。

――一番苦労された点は?

庄野:キャラにあわせていくというところを想定した。(ステイサムの役どころが)かなりダークなキャラじゃないですか? ラーメンって、食べて暗くなるってあんまり無いので、そこをどう演出していこうかっていうのを悩みました。やっぱり暗黒街って名の通り、色でまず表現してわかってもらおうかな、と。その辺に一番苦労しましたね。

――見た目からだと味が全然想像がつきませんでした。

庄野:(笑)そうですよね。少しおそるおそるというところですよね。

――あのものすごくどろりとしたスープは鳥皮のコラーゲンが?

庄野:良くご存じで! 鶏の皮でタレを作ってですね、絡みつく濃度を作り出しました。それ以外にスープの方では鶏の足のモミジっていうのを大量に使いコラーゲンを抽出してトロッした濃度を作り出しています。鶏だけしか使っていませんので、豚は一切使ってないですね。チャーシューは鶏もも肉を軽く焦がして、沈めてあります。

――麺は短めのものも長めのものも混じっていましたね。

庄野:そうですね。もみほぐすことによって、タフさというか、いろいろな経験をしているというところを表現しました。普通にすすれるというよりは、長いのも短いのもあって。揉まれている、というのを表現しました。……こだわりすぎましたかね?(笑)

――いえ、世界観が凝縮されていると感じました。美味しかったです!

庄野:ぜひ映画を見て、その余韻で食べに来ていただければ、かなりそのまま表現されていていろいろリンクしてくると思うんで! ぜひ観た後、直後に召し上がりに来ていただきたいと思います。


皆、映画館ではポップコーンを我慢しておいて、観終わった瞬間に「二丁目つけめんGACHI(ガチ)」にGOだ! 映画の半券を見せれば本来900円の所、500円で提供してくれる嬉しいサービス付き。モリモリ食べてステイサム兄貴にちょっとでも近づけるといいなッ。

「二丁目つけめんGACHI」
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-17-10
電話:03-5368-2637
営業時間:11:00~23:00


『ハミングバード』ストーリー

かつて特殊部隊を率いていた元軍曹ジョゼフは、戦場で犯した罪から逃れるようにロンドンの裏社会でひっそりと生きていた。彼にはただひとり心を通わせる少女がいたが、ある日突然、彼女は拉致されてしまう。少女を救うべく、他人になりすまして裏社会でのしあがっていくジョゼフだったが……。

http://www.hummingbird-movie.jp

(C)2012 Hummingbird Film Investments LLC

(撮影・コメント:wosa)

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP