ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【連載・日本の駅】巨大クスノキが高架ホームを突き抜ける! 京阪・萱島駅

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本には約1万もの駅が存在する。その中からぜひ知ってほしい駅をピックアップして紹介する連載企画。今回は、大阪府寝屋川市にある京阪本線・萱島(かやしま)駅だ。
大阪方面や京都方面から萱島駅に近づくと、高架になっている駅舎のさらに上へ大きな木が生えているのが見えてくる。通常、各駅停車の列車しか停まらないため、いつもなんだかよく分からずに通過して「萱島駅のあの木はなんだろう」とずっと思っている人は意外と多いかもしれない。
この木は、萱島駅の1階部分から2階部分の改札、そして3階部分のホームや屋根を貫く巨大なクスノキ。大阪方面の3・4番ホームに降り立つと、そのクスノキがホームと屋根を突き破って飛び出している様子、その大きさが近くで見られるのでよく分かる。
萱島駅のクスノキは、実は樹齢700年ほどで高さ約2メートル、周囲約7メートルある(萱島駅の説明板などより)。1972年(昭和47年)に萱島駅が高架複々線化される際に伐採される予定だったが、萱島駅の真下にある萱島神社の御神木でもあり、周辺の住民から存続運動が起こった。そして、クスノキを残したまま高架の駅が新たに作られ、このような形になったという。
萱島駅の改札を出て外に出ると、ホームとは別の角度からクスノキが見え、その巨大さと立派さが分かりやすい。スタジオジブリの代表作『となりのトトロ』『天空の城ラピュタ』などに登場する巨大な木にもどことなく似ている気がしないでもない。
また、萱島神社にもお参りすることができ、ホームを貫く御神木を根元から上に眺めることもできる。地元の人々の参拝も多く、信仰を集めている様子が垣間見られた。機会があればぜひ萱島駅で下車し、ホームと改札の外からも巨大なクスノキと共存する全国でも極めて珍しい駅を体験してほしい。


京阪電鉄
http://www.keihan.co.jp/

【Nicheee!編集部のイチオシ】
【大阪珍スポット】 南大阪にある巨大な「塔」に誰もが驚く まるでガウディ!
京都にある「らくがきOK」の変わった寺
縄 いまや禁止のハブとマングースの対決 新たな「ショー」を見てきた

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP