ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【お取り寄せ】リゾートホテルの贅沢“タイ国風カレー”を家庭で! ちょっとお高い?その価値は食べればわかる!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回のお取り寄せ商品は鳥羽国際ホテル(とばこくさいホテル)の『海の幸 タイ国風カレー』。三重県鳥羽市にある、鳥羽湾を見下ろすように建つリゾートホテル・鳥羽国際ホテル。伊勢神宮への観光にも便利な高級ホテルです。
「真珠の海に抱かれるリゾート」をコンセプトとした上質な時間を楽しめるホテルでは、伊勢志摩の季節の食材をふんだんに使用した料理を提供。今回はホテルのレストランメニュー『海の幸 タイ国風カレー』をお取り寄せ!


鳥羽国際ホテルのメインダイニング「シーホース」の人気メニュー『海の幸 タイ国風カレー』。新鮮な魚介をふんだんに使用したカレーは、冷凍の真空パックで届きます。
タイの一流のコックにより教えを受け、さらに磨きをかけたというカレー。贅沢なシーフードをたくさん使い、日本人の味覚に合わせてマイルドに仕上げた、一度食べたら忘れられなくなる料理長自慢の逸品とのこと。でもお値段が2~3人前で5400円(税込)! 少しお高い気がしますが、レストランだと、アイスクリーム・コーヒー付で1人2365円なので、そうでもないのかも?


それでもお値段を聞いて高級カレーだなぁ、と思っていたのですが、冷凍の具材を鍋に開けると、魚介だけでなく野菜もたっぷり。ホタテの貝柱、海老、鯛、あさり、いか。たけのこ、ピーマン、なす、エリンギなど、「これがカレーなんて贅沢!」と見るからに豪華な具材たちを鍋でグツグツ。タイカレーならではのココナッツミルクとスパイスの混ざり合う香り、そこにシーフードの海の香りが溶け込み、食欲をかき立てられます。

しかもホワイトアスパラのピクルスまで付いているオシャレさ。


こんなに具材の入ったカレーを、鍋に入れて煮こむだけで家庭で食べることが出来ちゃうなんて本当にお手軽で嬉しい。量も2~3人前なので、お高くないかも、と思えるほど。日本人向けにマイルドな味に仕上げたというタイカレーは香りもマイルドです。

高級ホテルの料理長自慢の“贅沢タイカレー” お味は?

・本格的なシーフードタイカレーを、自宅で簡単に食べられるというシアワセ。『とにかく具沢山』という嬉しさです。

・タイカレーうまからいです! ハフハフして頂きました。タイカレーならではのクリーミーなココナッツミルク入のルーの味わいとシーフードがとてもマッチしています。この味を家で堪能できるなんて良い時代になったもんだ。

・ココナッツミルクのルーの甘みと辛味が効いたスパイス、たくさんの具が集まった本格的なタイカレーです。辛味も気持ちが良い辛味で、何口でも食べていたい美味しさです。

・具沢山で贅沢なタイカレー。具材の旨味とマイルドで絶妙な辛さのルーから、高級感を感じます。ホームパーティーのメニューとして出したら喜ばれそう!

・タイ料理が好きで色々なお店で食べているのですが、このカレーは本当に美味しい。シーフードとハーブ、スパイスが絶妙にハーモニーを奏でていて感動しました。
正直、食べるまではお値段がちょっと……と思っていましたが、食べたらその価値はすぐに分かりました。

鳥羽国際ホテル【海の幸 タイ国風カレー】
内容量:2~3人前(冷凍)
・カレーソース525g(2〜3人前)
・魚介類(貝柱・海老・鯛・あさり・いか)350g
・野菜(たけのこ・ピーマン・なす・エリンギ)235g
・ピクルス40g
定価:5400円(税込)※別途送料

鳥羽国際ホテル オンラインショップ:
http://tobashop.shop24.makeshop.jp/shopdetail/002000000005/

(写真撮影:ガジェット通信撮影班 周二郎探検隊)

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP