ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ポチャ・ガリ・チビの3人は『300<スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』ばりのマッチョになれるのか!?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


皆さんは『300<スリーハンドレッド>』という映画をご存知でしょうか? たった300人の重装歩兵で100万のペルシア軍を迎え撃つ、スパルタ王レオニダス率いる男達のマッチョな闘いとダークな映像美にシビれた人も多いでしょう。それから7年。待望の続編『300<スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』が6月20日より公開となります。

『300<スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』は、3倍に及ぶ規模のペルシャ軍との戦いに乗り出す、ギリシャのテミストクレス将軍を中心に描いたもの。またしても凄まじい迫力の映像と、海での闘いのスペクタクル感、何よりもムキムキの男達の肉弾戦が、色々な意味でたまらない映画なのです!


そんな『300<スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』のポスターを見て「俺達もこんな風に強く、カッコよくなりたいッ! モテたい!」と立ち上がったガジェット通信スタッフ3名。たくましい兜を付け、マントを羽織り、これでバッチリだ。

※全ての画像は(http://getnews.jp/archives/589567)をご覧ください。

上が『300<スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』の場面写真。下が『300<スリーハンドレッド> ガジェット通信軍』。ほとんど一緒なのに、何かが足りない。




ちょっとぽっちゃりだったり、ガリガリだったり、おチビさんだったりする以外は、ほとんど一緒なのに……。そう、彼らに足りないのは元気。映画の中の兵士達ってもっと「ウォーッ!」って感じだったもの。肉体はもちろん、目だけで敵を殺せそうだったもの!


「でも最近真夏日が続いててすでに夏バテ気味だしなぁ……」なんてホテホテ歩いていると、そこに現れたのは“神泉ホルモン 三百屋”。三百、さんびゃく、300……、スリーハンドレッド! 「これだ!」「モテるぞ!」「ウォー!」 ガジェット通信軍のテンションが上がってきました。


早速入店し、ワクワクしながら肉を待つガジェット通信軍。決して焼肉が食べたかっただけではない。決して。



“神泉ホルモン 三百屋”の美味しいお肉達が血となり肉となってくれるはずだ!


うひょう! 並んだ肉の皿を前にたかぶるガジェット通信軍。


焼けるのを待つ。ひたすら待つ。この瞬間は、開戦前のような緊張感だ。


カンパーイ! 兵士達の宴がたくましくスタートした。


「おっ俺の肉取るなよ!」「いいから食わせろ!」


ジュウジュウ。


てんこ盛りの白米も進む進む……。


って、肉に夢中なあまり兜とれてんじゃん!


肉が焼けるのを待つ兵士達。普通のおっさ……、いやなんでもないです。


ペロリと完食! あ〜美味しかった!


「ウォーーー!!!」 すっかり元気になり、たくましい兵士となったガジェット通信軍。パワーはスパルタの戦士級だ! これで3倍の勢力を持つあのサイトとかあのサイトにも勝てそうだね!

『300<スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』では、このガジェット通信軍とほぼ同じくらいたくましい兵士がさらにたくさん出演。“海軍女指揮官アルテミシア”という女兵士も超クールな衣装で登場するので、眼福シーンもアリ。夏前にムキムキボディを目指すアナタも、兵士みたいに強くなりたいアナタはぜひ大スクリーンで肉体美を!


『300<スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』6月20日(金)丸の内ルーブル他全国ロードショー<3D/2D/IMAX3D同時公開>
監督:ノーム・ムロ
製作:ジャンニ・ヌナリ、マーク・キャントン、ザック・スナイダー、デボラ・スナイダー
上映時間:103分
映倫区分:R15+
配給:ワーナー・ブラザース映画

http://www.300-film.net

(c) 2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC

撮影協力

神泉ホルモン 三百屋
03-3477-1129(いい肉)
東京都渋谷区神泉町12-4
http://shinsen.sanbyakuya.com [リンク]

武器屋
03-3988-7533
豊島区東池袋3-5-7 ユニオンビルヂング704
http://www.bukiya.com [リンク]

カテゴリー : エンタメ タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP