ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

続・「時間を止める」のSF考証(メカAG)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

続・「時間を止める」のSF考証(メカAG)

時間停止は周囲の時間が止まっているのではなく、主人公が高速に動いているというパターン。サイボーグ009の加速装置ですな。短編で加速装置が故障してOFFにできないというエピソードもあった。

この場合問題になるのは、自由落下だろう。巨大ロボットが人間のようには走れないという問題と同じ。落下速度は物理法則で決まるから、いくら頑張ってもコントロールできない。

上向きにロケット噴射やジェット噴射を併用するとか、もっとなにか違う能力、サイコキネシスで自分を下向きに動かすとか、自分に働く重力をコントロールするとか、そういうものを併用してれば可能だけど。

加速中の人間からは、地上が無重力状態、宇宙空間のような感じになるかな。

   *   *   *

あとは放熱か・・・。一瞬で大量のエネルギーを消費するのはいいとして、それによって生じた熱をどこかに放熱しなければならない。そうしないと主人公の体内もしくは周りの空気が蒸し風呂状態に。まあこれも熱量そのものをどこかにテレポートする能力を併用すれば可能ではある。周囲の熱い空気をどこか他の場所の冷たい空気と入れ替えるとか。

関連記事:
「「時間を止める」のSF考証」 2014年06月01日 『ガジェット通信』
http://getnews.jp/archives/586995

執筆:この記事はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2014年06月02日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP