ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LG G3が早くも分解、修理しやすいとの評価も受ける

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォン・タブレットの修理サービスを提供している米uBreakiFixが、今週発表されたLGの新フラッグシップスマートフォン「LG G3」の分解レポートを公開しました。同社で分解されたのは韓国版(LG-F400L)です。韓国版はTVチューナーアンテナを備えるなど、グローバル版とは一部仕様が異なりますが、端末の基本的な構造はグローバル版と同じです。同社による修理のしやすさを示すスコアは10段階中8の高評価でした。同社は理由として、バックカバー・バッテリーを交換できる点、主要部品がコネクタで接続するモジュール型で交換しやすい点、LCDとタッチパネルに関わる部品が交換しやすい点を挙げています。また、同社の分解レポートで、LG G3では、東芝の32GB NANDフラッシュ「THGBMBG8D4KBAIR」、BroadcomのWi-Fiコンボチップ「BCM4339」、Avagoのパワーアンプ「ACPM-7700」、QualcommのRFトランシーバー「WTR1625L」やレシーバーモジュール「WFR1620」、SKハイニックスのLPDDR3 RAM、穴ロジックスのSlimport対応USB IC「ANX7812」、TIの充電管理IC「BQ24296」が使用されていることも確認されました。Source : UBreakiFix



(juggly.cn)記事関連リンク
Google Glassの商用版はうまく行けば年内に発売、Sergey Brin氏がその見通しを示す
ゲオ、オリジナルSIMカード「Smart G-SIM」の発売記念キャンペーンを6月30日まで延長、さらに増強分を7月以降はデフォルト値に
Galaxy Tab S 10.5のプレス画像が流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP