体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GoogleがHDMIデバイス『Chromecast』を28日に発売 さっそくスマホやPCのコンテンツをテレビで再生してみた

GoogleがHDMIデバイス『Chromecast』を28日に発売 さっそくスマホやPCのコンテンツをテレビで再生してみた

Googleは、スマートフォンやタブレット、パソコン(PC)のコンテンツをテレビで再生可能にするHDMIデバイス『Chromecast』を5月28日に発売することを発表しました。さっそく編集部のモニターにつないで使ってみたので、レビューをお届けします。設定方法の手順も追って紹介するので、これから使う人は参考にしてみてください。

シンプルで簡単に使えるHDMIデバイス

『Chromecast』の特徴

『Chromecast』は、テレビのHDMIコネクタに接続することで、同じWi-Fiネットワーク上にあるスマートフォンやタブレット、PCの映像や音楽、ブラウザ画面を1080pの解像度でテレビ上に再生可能にするデバイス。27日に開催された発表会にはGoogle社のChromeエンジニアリング統括ディレクターであるマージド・ベイカー氏が登壇、その特徴を下記のように紹介しました。

・シンプル
端末をテレビのHDMIコネクタに接続するだけで使えるというシンプルな形態

・操作を覚える必要がない
対応アプリで「キャスト」ボタンをタップするだけでテレビ上で再生でき、あとは使い慣れたアプリの操作だけで操作できる

・マルチプラットフォーム
Android 2.3以降を搭載したスマートフォンやタブレット、iOS 6.0以降のiPhoneやiPad、WindowsとMac用の『Chrome』ブラウザに対応

国内でも対応アプリが登場

対応アプリ

『Chromecast』は、スマートフォンやタブレットのアプリでは『YouTube』、『Google Playムービー』、『Google Playミュージック』が対応、PC用にはWindows/Mac用の『Chrome』ブラウザに対応します。GoogleはSDK(ソフトウェア開発キット)を提供し、既に3000人以上の開発者が対応アプリを開発しているとのこと。

国内でも対応アプリが

同社のパートナー事業開発本部 統括部長の林豊氏から、国内ではドコモのビデオ配信サービス『dビデオ』アプリとauのビデオ配信サービス『ビデオパス』が対応することが発表されました。『dビデオ』は5月28日、『ビデオパス』は近日中にアップデートで対応するとのこと。

価格は4200円

発売日と価格

林氏は発売日と価格を発表。5月28日に4200円(税抜き)で発売します。『Google Play』では9時からオンラインで販売を開始。3~5営業日で配送を予定しています。

『Amazon』、ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、ヤマダ電機、TSUKUMO、ベスト電器は9時からオンラインで販売を開始し、店頭では営業時間に合わせて販売。

テレビにつないでみた

パッケージの中身

編集部のモニタに実機をつないでみることにします。パッケージの内容は本体、ACアダプター、HDMI延長コードとシンプルなもの。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy