ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【PC遠隔操作事件】片山祐輔被告が自作自演メールで使用した!? プリペイドSIMはデタラメな住所でも登録可能

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

片山祐輔被告が河川敷に埋めたスマートフォンから自作自演メールを送信した出来事は、本人が「私が犯人です」と自供する事態に発展した。真犯人を別に仕立てる計画だったようだが、墓穴を掘る形となった。

片山被告はスマートフォンで外国人向けのプリペイドSIMを使い、自作自演メールを送信したという。日本には外国人用に特化したプリペイドSIMは販売されてないが、外国人が使えるよう数カ国の言語で解説されているプリペイドSIMはある。

片山被告がタイマー機能で送信した自作自演メールは、経路がmp76f1fa5d.ap.nuro.jp(118.241.250.93)である事が判明している。プリペイドSIMでこの経路を使用しているのは「Prepaid LTE SIM by So-net」のみ。

この「Prepaid LTE SIM by So-net」は、非常に限られた場所でのみ販売されており、インターネット販売はされていない。つまり店頭か空港の自動販売機に足を運んで買うしかない。

関西国際空港 1F国際線到着階(自動販売機)
成田国際空港 第一ターミナル・第二ターミナル、モバイルセンター
新千歳国際空港
あきばお〜 各店
BOOK OFF 新宿西口店
ビックウエスト・インターナショナル(池袋)
ラオックス 秋葉原店
九州全域のココストア・エブリワン

実際に購入してみたが、店頭で身分証明証を見せたり、個人情報を記入する事なく買えた。スマートフォンやタブレットPCに入れて利用登録すると使えるようになるのだが、名前や住所、電話番号、メールアドレス、どれもデタラメを記入しても認証される様だ(規約違反かもしれないが調べようがない為)。

世界各国にはプリペイドSIMカードが普通に売られており、特に個人情報を必要とせず利用できる。なので「Prepaid LTE SIM by So-net」の認証が甘いと言う訳ではないし、プリペイドSIM自体になんら問題はない。

しかし、プリペイドSIMがこの様な出来事に使用されたとなると、規制が発生するかも知れないのは事実だ。

余談だが、「Prepaid LTE SIM by So-net」は100MBプランで価格は2778円、30日間有効だ。500MBプランだと4630円で60日間有効。後から追加でチャージすると、大幅に割引された価格で利用を継続できる。

Prepaid LTE SIM by So-net





※この記事はガジェ通ウェブライターの「太郎改太郎」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

太郎改太郎の記事一覧をみる ▶

記者:

太郎改太郎です。趣味はヤフオク。見様見真似でライター業をしています。よろしくお願いします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP