体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大人もハマるONE OK ROCKの魅力とは? 中野裕之監督「ブレーキかけないところにシビれる」

DSC06264

2005年の結成以降、若者の絶大な支持をうけるバンドONE OK ROCK(ワンオクロック)。昨年行われたアジア、そして初のヨーロッパツアーとなるONE OK ROCK 2013″ Who are you??Who are we?? ” TOURへ完全密着したドキュメンタリー映画『FOOL COOL ROCK! ONE OK ROCK DOCUMENTARY FILM』が5月16日より3週間限定公開中です。

本作は1か月半に渡り、フランス、ドイツ、イギリス、オランダ、香港、韓国、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、台湾、11カ国12公演を駆け抜けた彼らの足跡を綴っていくもの。

メガホンをとったのは数々のアーティストを撮影し、ミュージックビデオの歴史を築いてきたと言っても過言では無い中野裕之監督。時代を切り開いていくONE OK ROCKの現在進行形の“今”を記録します。今回は中野監督にインタビューを敢行。撮影秘話や、監督が思うONE OK ROCKの魅力など、色々とお話を伺って来ました。

fcr_large

――ONE OK ROCKを知ったのは、何がきっかけだったんですか?

中野:3年くらい前から奥さんがファンで、ずっと気になっていたんですけど。もうチケット買って並んでライブに行くのをしない歳だからさ(笑)。でも、今回のオファーをいただいた後、惚れてから仕事をしたいと思って、昨年の名古屋でのライブを見に行ったんですよ。それで、「これはとんでもないバンドだな!」って。初めて見た人誰しもが思うのが、よく動き回るバンドだなって事とTakaの歌がべらぼうに上手いって事だよね。

――私もフェスでライブを一度見ましたが、飛ぶ・跳ねる・走り回る! とにかくパワフルですよね。

中野:そうそう。Takaは「かっこつけるのが嫌い」っていうポリシーを持っているから、常に全力で出し切っちゃう。この映画撮影は最前列よりも前で撮っていますから、ファンの皆さんに「どうだ、いいだろ!」って思いながらやってたよ。だって、一番良い席なんだもん。たまんないですね。途中で自分でも引きの画を撮るために会場の後ろの方に移動したりもしたんだけど、すぐにまた最前列に戻って撮った。

――色々な国をまわっていますが、ファンの盛り上がり方にお国柄というか、違いはあったりするんですか?

中野:フランスはノーブレーキな感じで、歓声の「ウォー!」が一番すごい。それで演奏が聞こえないくらい(笑)。ドイツはアニメファンの子が多くて、最前列は緑とかピンクとかにカラフルに髪を染めた子達、二列目以降はパンクファンがいるっていうのが面白かったですね。まあ、ライブがはじまっちゃうと、同じくらいみんな盛り上がるんだけど。

――この映画を観て、これまでに観た事の無い音楽ドキュメンタリーだなと思いました。ライブシーンでも、演奏のスタート前の息づかいから、終わった後の歓声までしっかり収めれているのでとても興奮しました。

中野:過去のロックバンドのドキュメンタリーって、演奏シーンの一番いいところで、突然誰かの語りが割り込んできたりするじゃないですか。昔からそういう作品をたくさん見てきて、最低だなって思ってきた。ライブのドキュメンタリーっていうのは、そこで起こっていた本当のことを伝えるだけでいいんですよ。そして、曲はできるだけちゃんとフルで収める。ONE OK ROCKのライブは見たことがあっても、みんなパリやロンドンやジャカルタでのライブはその場にいれなかったわけじゃないですか。それをちゃんと伝えるだけでいい。

――作中には、音響トラブルなどのシーンもそのまま入っていて、「お客さんの為に何かして楽しませなきゃ。アカペラで歌おうか?」などと考える姿もとても印象的でした。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。