ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「Galaxy Gear」のファームウェアは今後Tizenベースに刷新される予定、デモ動画も公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungが昨年秋に発売した同社製スマートウォッチ第1弾「Galaxy Gear」のファームウェアはAndroidをベースに作成されましたが、今後のアップデートで「Gear 2」や「Gear 2 Neo」などの新型スマートウォッチと同様にSamsungが主導で開発を進めている独自OS「Tizen」に変わることが判明しました。英国のWEBサイト TechRadarがSamsungの広報担当者よりその情報を得たと伝えた後、SamMobileが現在開発されているというテストビルドを搭載したGalaxy Gearのデモ映像を公開しました。上図左端のスマートウォッチがTizenにアップデートされたGalaxy Gearでホーム画面などがGear 2シリーズと同じ内容に変わっています。ハードウェアに関する部分を除いて(WatchOnや心拍数測定など)機能面はGear 2シリーズと同等に刷新されるということなのでしょう。スマートウォッチとはいえ、OSが全く別モノに変わる製品というもの珍しいですよね。Galaxy Gear用のTizenアップデートが開発されていることは確かなようですが、残念ながらその配信時期はまだ明らかになっていません。Source : SamMobile



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC One(M8)のレッドバージョンが台湾で発売
小米科技(Xiaomi)、世界初のTegra K1タブレット「小米平板(MiPad)」を正式発表、7.9インチ2,048×1,536ピクセルの高解像度パネルを搭載
Android上でiOSアプリがネイティブで動作する"Project Cider"、コロンビア大学の研究者らが開発

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP