ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobile、2013年度は3,910万台のXperiaスマートフォンを販売、4,000万台の予想には届かず

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sonyが5月14日に発表した同社の2013年度第4四半期(1月~3月)の決算説明資料によると、Xperiaスマートフォン販売台数は、この3カ月間が880万台、2013年度通期では予想よりも少ない3,910万台だったことが判明しました。Xperiaスマートフォンの2013年度の販売台数は、第1四半期が960万台、第2四半期が1,000万台、第3四半期が1,070万台、第4四半期が880万台。通期の販売台数は前年度比18%増の3,910万台と大幅に増加しました。Sonyは2013年度の販売台数を今年2月時点で4,000万台と予想していましたが、結果はわずかに届かず。第4四半期の大幅な減少がこれを妨げたものとみられます。それでも、スマートフォンの属するモバイルプロダクツ&コミュニケーション部門の売上高は2012年度を大幅に上回る1兆6300億円で、営業利益は750億円の赤字だったものの、2012年度から改善しています。Source : SonySource : Sony



(juggly.cn)記事関連リンク
シャープとHKT48がコラボ、5月26日より新生AQUOSスマートフォンのプロモーションを実施
人気のギャラリーアプリ「QuickPic」が次期バージョンでリニューアル、Googleカメラのような透過型のスライドメニューが追加される見込み
Samsung、Galaxy Note 8.0 Wi-FiにAndroid 4.4.2へのアップデートを配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP