ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony、FIFAワールドカップブラジル大会用のSNSサイト「One Stadium Live」をオープン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sonyは5月12日、6月にブラジルで開催されるFIFAワールドカップブラジル大会用のSNSサイト「One Stadium Live」をオープンしました。このサイトはPCだけではなく、スマートフォンやタブレット向けにも提供されています。One Stadium Liveは、Twitter、Facebook、Google+のSNSサービスへの投稿を収集・解析し、話題となった出来事をトピック単位で閲覧できるWEBサイトで、日本語だけではなく、英語、フランス語、ポルトガル語、スペイン語、ドイツ語の6か国語に対応しています。トピックはサイドバーの「Inside the Stadium」→「One Stadium Live」をタップすると表示されます。サイドバーからは、投稿に基づくトピックだけではなく、ワールドカップに出場する32カ国の代表チームの情報や選手のプロフィール、試合のスケジュール、結果なども閲覧することが可能です。試合中に「Match Live」を利用すると、同じ試合を見ている世界中のファンの反応を整理された形でリアルタイムに閲覧でき、会話に参加することもできます。ちなみに、先ほど日本代表メンバー23人が発表されました。Source : One Stadium Live(http://football.sony.net/)、MSN産経(代表メンバーリスト)



(juggly.cn)記事関連リンク
Twitter、モバイルアプリとWEB版で「ミュート」機能の提供を開始
NTTドコモ、「Xperia Z SO-02E」のソフトウェアアップデート(10.3.1.B.1.1)を本日実施
Galaxy S 5用の小窓付きスマートフォンケース「S View Cover」を入手

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP