ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、Galaxy S 5を発売開始から25日間で1,000万台出荷、Galaxy Sシリーズの記録を更新

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungの新グローバルフラッグシップ「Galaxy S 5」の出荷台数が発売日からの25日間で1,000万台を突破したと、韓国紙 韓国経済新聞がWEB版で報じました。同サイトによると、Samsungは4月11日の世界125カ国の同時発売から5月6日までの25日間で1,000万台のGalaxy S 5を出荷したとのことです。Samsungはまだ出荷台数を公表していませんが、これが事実なら、これまでのGalaxy Sシリーズの中で最も早く1,000万台を出荷したことになります(Galaxy Tab問題があるので、公式情報だとしてもあまり信用できませんが)。SamsungがこれまでのGalaxy Sスマートフォンを1,000万台を出荷するのにかかった日数は、Galaxy Sが7ヶ月、Galaxy S IIが5ヶ月、Galaxy S IIIが50日、Galaxy S 4が27日です。Galaxy S 4と比較して、同時発売国数は大幅に増えましたが、1,000万台の出荷台数記録はわずか2日しか更新できていません。ハイエンド市場が飽和状態にあるということなのでしょうか。韓国キャリア3社の営業停止時期が重なったことも鈍化の一因になったと思います。Source : 韓経ドットコム



(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、auのシャープ製スマートフォン4機種のアップデート配信を再開
Mugen Power、Galaxy S 5用の2,950mAh増量バッテリー「HLI-SMG900FSL」の発売を発表
Xperia Z2 Tablet用アクセサリーの使用例を紹介した動画

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP