体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Samsung Gear 2の時計バンドを交換する際の注意点

国内でも5月15日に発売されるSamsungの新型スマートウォッチ「Gear 2」はバンドの交換に対応しており、市販されている22mmのバンドと交換することができます。しかし、留め具の部分が少し変わった仕様なので、交換バンドを購入する際に注意する必要があります。それは、バンドとGear 2本体を繋ぐバネ棒が特殊な形状をしていることです。Gear 2で使用されているバネ棒には分離しやすいように爪で簡単に収縮できるレバーが立った状態で付いています。もし購入した交換バンドがこの手のバネ棒に対応していない場合、バネ棒を別途用意する必要があります。ネットで販売されている交換バンドはバネ棒無しのものが多く、また、この手のバネ棒に対応していないものが多いと思うので、可能ならお店で店員さんに見てもらうなどした方が無難だと思います。

上は一般的なバネ棒です。下はGear 2付属のもの



(juggly.cn)記事関連リンク
Huawei、LTE Category 6(LTE-Advanced)に対応したスマートフォンを年内中に発売する予定
Motorola Moto Eのプレス画像、主要スペックが流出
Glovebox : Androidアプリ / トグルスイッチ / フォルダ / ウィジェット / 操作ボタンを呼び出せる便利すぎるスライドランチャーアプリ

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。