ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

7.9インチ2,048×1,536ピクセルのディスプレイを搭載した「NVIDIA Mocha」がGFX Benchに登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ベンチマークアプリ「GFX Bench」の公式サイトに、NVIDIA Tegra K1を搭載したNVIDIAブランドのAndroidタブレット「NVIDIA Mocha」が登場しました。同サイトの情報によると、MochaはAndroid 4.4.2(KitKat)、7.9インチ2,048×1,536ピクセルのディスプレイ、32bit版Tegra K1 Cortex-A15 2.1GHzクアッドコアプロセッサ、1.7GHz RAM、13GB ROM、背面に700万画素カメラ、前面に480万画素カメラを搭載しています。MochaはNVIDIAブランドの製品らしいので、昨年のTegra Note 7のようにNVIDIAが設計・製造を行ない、各国の機器メーカーにOEM供給されるようなものなのかもしれません。Tegra Note 7は昨年のComputex 2013でそのプロトタイプが披露されました。Mochaが実在するとすれば、今年のComputex 2014で披露される可能性があります。iPad mini Retinaモデルと同じディスプレイ仕様のAndroidタブレット言えば、中国の小米科技も「MiPad」で発売しようとしているいう噂も伝えられています。もしかすると、それはMochaをベースにした製品なのかもしれませんSource : GFX Bench



(juggly.cn)記事関連リンク
LG G3ゴールドバージョンの実物写真
Sony Mobile、「Xperia ZL2 SOL25」と「Xperia Z2 Tablet SOT21」のプロモ動画、機能紹介動画を公開
4月25日時点のGalaxyスマートフォンのAndroid 4.4.2アップデートスケジュールが流出、Galaxy S III(GT-I9300)はアップデートがキャンセルされる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP