ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『バクマン。』実写映画の大根仁監督 キャストが逆の指摘に「公開したら確かめてくださいね」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

5月7日の夕方、ガジェット通信にて
『バクマン』実写映画化発表 サイコー役の佐藤健・シュージン役の神木隆之介に「逆では?」の声も
という記事をお伝えした。

同日お昼に、大根仁監督(‏@hitoshione)は『Twitter』にて


「逆逆うるさいのでスニーカーも逆に履いて撮影してますー。」

と、ツイートしスニーカーを逆に履いた画像をアップしていた。

また、夜には

「キャスト逆だろ笑笑」

というツイートに

「公開したら確かめてくださいね。」

と返信していた。

一連のツイートに対し、「期待してます!」といったようなツイートが数多く寄せられていたが、一方で

「そもそもイメージ逆と思った時点で見る気無くすんだからわざわざ確かめに行く気にならないし、ファンに『うるさい』発言する時点で引いた」
「原作を5度も6度も読んだ人間からすればイメージ的にははっきり逆ですが、もしそれ以上があるなら見てみたい」
といったようなツイートも寄せられていたようである。

主人公二人組のキャスティング発表で早くも話題となっている『バクマン。』。2人以外にも魅力的で人気のあるキャラが多数登場するが、それらのキャスティングが発表となったらまた何かと話題になりそうである。

※画像は『Twitter』より

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP