ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、米国国防総省のMIL規格に準拠したタフネススマートフォン「TORQUE G01」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDIは5月8日、auスマートフォン2014年夏モデルとして、米国国防総省のMIL規格(MIL-STD-810G)に準拠したタフネススマートフォン「TORQUE G01」を発表しました。発売時期は2014年8月上旬です。Torqueは、G’zOneのような頑丈設計の筐体に、4.5インチ1,280×720ピクセルのIPS液晶を搭載したAndroidスマートフォン。米国で発売されたものや、3月に国内発売された「SKT01」とは全く別ものです。Torqueの特徴は、国内初となるMIL-STD-810G準拠の耐衝撃、耐振動、耐塵、耐湿、耐圧に加えて、塩水耐久性などの高い耐久性能を備えたところで、ほかにも、IPX6/X8の防水、IP6Xの防塵にも対応しています。Torqueは、手袋をしたままや濡れた手でもタッチ操作可能なタッチパネルや、ディスプレイ全体が通話用スピーカーとなる「スマートソニックレシーバー」、騒音レベルで100デシベルの大音量を実現したデュアルスピーカーを搭載。Qi準拠のワイヤレス充電にも対応しました。OS:Android 4.4(KitKat)サイズ:136 x 69 × 13.5mm、質量185gディスプレイ:5.5インチ、解像度2,560×1,440ピクセル(WQHD)、液晶(AH-IPS)、1,677万色プロセッサ:-GPU:-メモリ:RAM 2GB、内蔵ストレージ 16GB外部メモリ:microSD/microSDHC/Micro SDXCリアカメラ:800万画素フロントカメラ:200万画素対応周波数:GSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA 850MHz(Badn 5)/1900MHz(Band 2)/2100MHz(Band 1)、CDMA2000 800MHz(BC0)/2100MHz(BC6)、LTE 800MHz(Band 18)/1500MHz(Band 11)/2100MHz(Band 1)通信速度:3G(下り最大9.3Mbps/上り最大5.5Mbps)、LTE(下り最大150Mbps/上り最大12Mbps)通信機能:Wi-Fi a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz帯対応、HT80モード対応)、Bluetooth v4.0、NFC(FeliCa+TypeA/B)、W-Fi Direct、Miracast、DLNA外部端子類:3.5mmオーディオジャック、マイクロUSBセンサー類:加速度、ライト、近接、デジタルコンパス、ジャイロ、GPS/A-GPS対応バッテリー:3,000mAh待受時間:-時間(3G)、-時間(LTE)通話時間:-分カラー:ブラック、レッドEメール(~@ezweb.ne.jp):○Cメール(SMS):○auスマートパス:○Felica:○NFC:○(TypeA/B)ワンセグ:○赤外線通信:○防水:○(IPX5/IPX8)防塵:○(IP6X)テザリング:○(Wi-Fiは最大8台)WIN HIGH SPEED:○WiMAX:×4G LTE:○LTE-Advanced(CA):×WiMAX2+:×緊急速報メール:○グローバルパスポート:○(LTE/GSM/GPRS/UMTS)Source : KDDI



(juggly.cn)記事関連リンク
「Moto X+1 for AT&T」の製品ページが米Motorolaの公式サイトに表示される
三菱鉛筆、軽く触るだけで滑らかに操作できるタッチペン付き油性ボールペン「ジェットストリーム スタイラス」を発表
7.9インチ2,048×1,536ピクセルのディスプレイを搭載した「NVIDIA Mocha」がGFX Benchに登場

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP