ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobileがゲームの要素を取り入れたスマートフォンアプリのUIを開発できる「Evolution UI」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileは4月30日、ゲームの要素を取り入れたスマートフォンアプリのユーザーインタフェースを提供できるようにする「Evolution UI」と呼ばれる研究プロジェクトの立ち上げを発表しました。EvolutionUIは、各アプリで独自に設けられたミッションをクリアしていくことで、ユーザーがゲームのように楽しみながらアプリの使い方を習得できるようにするサービスのことです。Sony Mobileは”EvolutionUIService”と呼ばれるコアサービスのプログラムをオープンソース公開しており、開発者はSony Mobile提供のツールを利用することで、自身のアプリにEvolutionUIのゲーム要素を追加することができます。Sony Mobileは上図のホームアプリをサンプルアプリとして提供しています。このアプリの場合だと、1枚のデスクトップしか表示されないシンプルな状態からスタートし、5回アプリを起動すると最初のミッションがクリアとなります。ミッションをクリアするとアチーブメントが付与され、次のミッションに挑戦できます。ユーザーはミッション(徐々に難易度が上がり、機能も高度なものになっていきます)へのチャレンジを繰り返すことで、アプリを使いこなせるようになります。EvolutionUIでは、アチーブメントのほかに、ユーザーのスマートフォン利用状況をモニタリングし、使用状況に応じて経験値が付与されます。経験値は、例えば、アプリの起動で1XP、電話発信で10XPといった具合です。経験値はレベルアップに使用されるもので、レベル1からスタートして100XPでレベル2になります。レベルアップするとコインが付与され、アンロックされた機能を有効にすることができます。Source : Sony Mobile



(juggly.cn)記事関連リンク
Motorola、5月13日にロンドンで新スマートフォン発表のプレスイベントを開催
「Google検索」の公式Androidアプリがv3.4にアップデート、駐車場所を知らせるパーキングカードが追加、リマインダーリストも見やすく
GoogleがAndroid向けにドキュメント・スプレッドシートアプリ「Googleドキュメント」「Googleスプレッドシート」をリリース、「Googleスライド」は後日リリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP