ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本で『iPad』を使うと200万円以下の罰金?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

日本で発売されているほとんどの無線LANやBluetoothの機器には、総務省が安全を確認した「技適マーク」(技術基準適合証明)が刻印されている。うっかり技適マークがない機器を使用しているケースも少なくないと思われるが、技適マークがない機器という点では、4月上旬に北米で発売された『iPad』もそのひとつだ。

『iPad』を北米から輸入して日本で使用している人たちは多いようで、ひとりで5台も輸入した人がいるほど。しかしどこを探しても日本の技適マークの刻印や表示がなく、米アップル社が公開している『iPad Important Product Information Guide』(簡単にいえば権利や許可等の説明文)を見ても、技適マークは存在しなかった。しかし、ヨーロッパのEU加盟国の基準を満たした商品に与えられるCEマークは記載されており、ヨーロッパでは問題なく使えるようである。

『iPhone』をチェックしてみたところ、技適マークが背面に刻印されていた(設定画面にも技適マークが表示されていた)。つまり『iPhone』は問題なし。そこで頭に浮かぶのは、技適マークがないのに日本で『iPad』を使ったらどうなるの? というところ。もしかして、持ってるだけで怒られちゃうとか? 

総務省関東総合通信局にお話をうかがったところ、「海外の『iPad』は技適マークがないですよね。なので無線LANは使わないで下さい。日本でもあと1~2週間で発売されますよね?」とのこと。でもブログや『Twitter』を見てみると、結構多くの人たちが『iPad』でいろんなアプリケーションソフトをダウンロードしている。みんなやっているし、本当は使っても問題ないでしょ? 見逃してくれますよね? それに対し通信局は、「いや、使わないで下さい。電気通信事業法違反になれば200万円以下の罰金ですし、他の違反にも触れる可能性があります」とのこと。

つまり、海外の『iPad』は持っててもいいけど無線LAN、つまりWiFi機能は使っちゃいけないようである。『iPad』に技適マークがつくまでインターネット禁止! ヨーロッパのCEマークがあっても「日本の基準に沿って適合してないなら使えない」とのことで、『iPad』を日本に持ち込んでも、電源を入れたり切ったりするしか楽しむ方法はないようである。

ちなみに、X記者が日本での北米版『iPad』の使用に関して個人的にアップル社に問い合わせたところ、「『iPad』は北米向けも日本向けも同じ工場で製造しているので、『iPad』の構造はアメリカも日本も同じだと思われます。日本のサポートセンターには詳しい情報がない状態ですので、アメリカのサポートセンターに問い合わせてみるとよいかもしれません」との返答を得られたという。つまり「技適マークはないけど技術上は問題ないはず」ということらしい。

とはいえ、『iPad』で無線LAN接続をして電気通信事業法違反を指摘され、200万円以下の罰金を払う人が出てくるのかどうか微妙なところ。この『iPad』技適マーク問題に対して、多くの人たちが『Twitter』やブログで議論している。


■最近の注目記事
初キスまでに何回デートする? ネットユーザー2000人アンケート
末期ガンだと嘘をついていたブロガーが謝罪し炎上! 有名人も騙されていた
吉野家に牛丼の『特大盛』が登場! ネットの反応「迷走してるな」
若い娘のミニスカートが短すぎで危険「パンツ見えるだろ!」
勝間和代がエヴァのコスプレ「美人ではないがエロそうな体」

apo mekhanes theosの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP