ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アンニュイな表情にキュン! 『アメイジング・スパイダーマン2』のデイン・デハーン様がカッコよすぎる

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


全世界で7億5千万ドルの興行収入を獲得し、46か国で初登場1位を記録、子どもから大人まで世界中の人々を魅了した『アメイジング・スパイダーマン』(2012)の続編となる『アメイジング・スパイダーマン2』がいよいよ、4月25日(金)より日本公開となります。

筆者は先日一足お先に完成披露試写会で観て来ましたが、スパイダーマンがよりアニメっぽくヒュンヒュン動きまくるので、“ライド感”がものすごく、高所恐怖症の人だと手に汗握っちゃうほどの臨場感なのです。『アメイジング・スパイダーマン』は、前3部作のサム・ライミ監督から、現在のマーク・ウェブ監督にバトンタッチしたばかりという事もあり、ストーリーを忠実にやりなおした優等生感がやや強かったのですが、本作は監督らしい演出も満載。アメコミ、ヒーロー物としてはもちろん、青春ストーリーとしても楽しめる仕上がりとなっています。

そして、本作で筆者的に一番注目なのが、主人公ピーター・パーカー/スパイダーマンの幼なじみハリー・オズボーン。彼を演じたデイン・デハーンがとにかくカッコよすぎて、一発でハートを射抜かれてしまったのです! 今回は、デハーン様に焦点をあてて『アメイジング・スパイダーマン』の魅力をご紹介。「フフン、私は前から目をつけてたわよ」という方も、写真と共にお楽しみくださいませ。

※全ての画像を見れない方は(http://otajo.jp/38835)をご覧ください。

デイン・デハーンは、アメリカ生まれの27歳。舞台やテレビドラマで高い評価を受け、昨年日本公開された映画『クロニクル』で主演に抜擢。超能力をテーマに“アメリカ版AKIRA”の呼び声高いこの傑作は、デハーン自身の人気にも火をつけました。その正当派ブロンズ髪美少年具合に「レオナルド・ディカプリオの再来!」との声も。


「PRADA」2014年春夏メンズコレクションのキャラクターにも起用。写真家アニー・リーボヴィッツがアンニュイで魅惑的な表情を撮影しています(画像は「EYESCREAM.JP」http://www.eyescream.jp/news-all/prada-2014ss-campaign より引用)。


『アメイジング・スパイダーマン』では、ピーターの幼なじみであり親友のハリーを熱演。父ノーマンの死後、跡を継いでオズコープの社長となりますが、父との確執や巨大な会社を率いる事で精神的ストレスもたまり、暗い表情が増えていきます。


しかし、この写真のとおり、ピーターと一緒にいる時はリラックス。このギャップにもキュンキュンきちゃうわけです。


次第に病に冒され、死を意識したハリーはスパイダーマンにあるお願いをしますが、その事がきっかけで悲しい誤解が生まれ、ハリーとスパイダーマン(ピーター)の関係は悪化していき……。ヒーローとヴィラン(悪役)の激しい闘いの裏には、人間同士の信頼や裏切りが描かれており、この難しい役を演じきったデハーンには今後さらに注目が集まることでしょう。

しかもしかも、本作の日本語吹き替え版は、デハーンの声を渚カヲル(『新世紀エヴァンゲリオン』)、桂小太郎(『銀魂』)などでおなじみの大人気声優・石田彰さんが担当! 声優ファンとしても見逃せないキャラクターとなっています。

映画『アメイジング・スパイダーマン2』は、4月25日(金)より全国公開です。

『アメイジング・スパイダーマン2』
http://www.amazing-spiderman.jp/

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
(C)2013 CTMG. All Rights Reserved.

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP