体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ファミコン時代からあった3Dゲームを大紹介!

sega1

ソニーは2010年を3D元年と言っているが、ゲーム業界ではファミコン時代がいちばん3Dに熱い時代だったことを忘れていないだろうか? そう、実はファミコンの時代は、テレビゲームの3D化やオンライン接続化など、さまざまな「冒険」が行われた時代でもあるのだ。
ということで、今回はファミコン時代に発売された3Dゲームの一部をご紹介しようと思う。ちなみに、『バーチャルボーイ』のゲームは必然的にすべて3Dゲームなので、今回の紹介ゲームソフトに含んでいない。

タイトル: 『ファミコングランプリII 3Dホットラリー』
ハード: ファミリーコンピュータ
デパートやゲームショップに『ファミコングランプリII 3Dホットラリー』のディスクカードを持っていけば、ディスクファクスを介して全国のタイムアタックランキングに登録することができた。3Dでプレイするよりも通常画面でプレイしたほうがプレイしやすいため、ほとんどのプレイヤーが3Dスコープ(3Dメガネ / 6000円)を利用せずにプレイしていたようである。

タイトル: 『ハイウェイスター』
ハード: ファミリーコンピュータ
現スクウェア・エニックスが発売した、ちょっと大人な雰囲気のあるカーレースゲーム。『ファミコングランプリII 3Dホットラリー』と同様、3Dグラスを利用すれば臨場感ある立体的なレース展開を楽しめた(らしい)が、3Dスコープの所有率が低いためか、記者の周囲で3Dスコープを利用してプレイしている人を見たことがなかった。

タイトル: 『アタックアニマル学園』
ハード: ファミリーコンピュータ
セガの『スペースハリアー』タイプのゲームで、セーラー服を着た女の子が空中を縦横無尽に飛び回り、迫り来る敵を打ち落としていく。

タイトル: 『風雲少林拳 暗黒の魔王』
ハード: ファミリーコンピュータ
聖闘士星矢のようなキャラクターが格闘技で戦うジャレコのゲームソフト。『アーバンチャンピオン』や初期の『飛龍の拳』のような視点でゲームが展開し、そこそこ人気のあったゲームとのこと。詳しくは不明。

タイトル: 『コズミックイプシロン』
ハード: ファミリーコンピュータ
アスミックから発売された『スペースハリアー』タイプのゲームだが、『スペースハリアー』よりも優れている点が、地面の滑らかな流れ具合だ。従来のこの手のゲームは地面のグラフィックがショボく、擬似的に前に進んでいるように見せていたのだが、『コズミックイプシロン』の地面はヌルヌル動くため、本当に3D空間があるかのように見えたのである。3Dスコープがなくてもヌルヌル感を体験できるので、ぜひとも動画を見てほしいゲームのひとつである。

タイトル: 『とびだせ大作戦』
ハード: ファミリーコンピュータ
現スクウェア・エニックスがDOGというゲームブランドとして発売したゲームで、これもやはり『スペースハリアー』タイプのゲーム。そのまま遊ぶと単調で特色がないゲームだが、3Dで遊ぶとそれなりに楽しかった。記者も購入して「とびだせメガネ」(赤青のセロファンメガネ)で遊んだが、「とびだせメガネ」を自作して増やし、友達と一緒に遊んだ経験がある。

タイトル: 『JJ ~ とびだせ大作戦パート2』
ハード: ファミリーコンピュータ
『とびだせ大作戦』の続編だが、「とびだせメガネ」ではく3Dスコープを使用しないと3D化できなかったため、3D化のハードルが高くなったゲーム。

タイトル: 『ファルシオン』
ハード: ファミリーコンピュータ
ファミコンの『スカイデストロイヤー』やセガの『スペースハリアー』、そして『ゲイモス』を合体させたようなゲームで、宇宙空間を舞台にした擬似3Dシューティングゲーム。

タイトル: 『スペースハリアー3D』
ハード: セガマークIII
本家『スペースハリアー』を3D対応にした『スペースハリアー3D』は、セガから発売されている3Dグラス(3Dメガネ / 6000円)を使用することで立体的にプレイできるゲーム。プレイステーション2でも発売されており、そちらでは赤青のセロファンメガネを自作すれば立体的な『スペースハリアー3D』を楽しむことも可能だ。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。