ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版「OneNote」でノートブックとセクションの作成・削除が可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MicrosoftのAndroid向けノート作成アプリ「OneNote」がv15.0.2727.2300にアップデートされました。このバージョンでは、クラウドストレージ「OneDrive(旧SkyDrive)」との連携が強化されています。具体的には今までサポートされていなかったOneDriveの「ノートブック」と「セクション」の作成/削除に対応したことで、Androidアプリでそれらを追加したり、削除できるようになりました。ノートブックはOneDrive上の「ドキュメント」直下に表示される複数のセクション・ページをまとめたものです。デフォルトでは個人用や仕事用といったものがノートブックとして表示されていると思います。また、セクションはOneNoteのノート本体となる「ページ」をカテゴリ別に区切ったもので、これらは前回バージョンまではAndroidアプリで作成できませんでしたが、最新版では可能になりました。「OneNote」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
CyanogenModの開発陣は新カメラアプリ?「Camera Next」を開発中?
Xperia Z2の超解像エンジン「X-Reality For Mobile」が他のXperiaに移植される
Android Tips : ホーム画面の表示を数回のタップで初めて起動した時の状態に戻す方法

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP