ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KREVAから泉まくらまで、新旧ラッパー15人が歌詞の書き方を語る書籍「ラップのことば2」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新旧ラッパー15人が歌詞の書き方を明かしているインタビュー集「ラップのことば2」が、4月11日(金)、スペースシャワーブックスより刊行される。

同書は2010年に発売された「ラップのことば」の続編。各アーティストが、音楽的ルーツやヒップホップとの出会い、ライミング(韻の踏み方)やフロウ(節回し)との関係性、テーマ選びや言葉遣いまで、それぞれの作詞法、ラップ論をたっぷり語る内容となっている。

参加アーティストは、AKLO、泉まくら、VERBAL(m-flo)、OMSB(SIMI LAB)、GAKU-MC、KREVA、KEN THE 390、SALU、SHINGO☆西成、SKY-HI(日高光啓 from AAA)、環ROY、daoko、NORIKIYO、ポチョムキン(餓鬼レンジャー)、MACCHO(OZROSAURUS)の15人。企画編集は猪又孝(DO THE MONKEY)が担当している。(鶯巣大介)

・ラップのことば2 詳細(スペースシャワーブックス)
http://books.spaceshower.net/books/isbn-907435233

ラップのことば2
発売日 : 2014年4月11日
価格 : 2,200円+税
四六判 304ページ 上製

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP