ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Android版「Chrome Beta」をv35にバージョンアップ、タブのUNDO操作やSamsung端末などのマルチウィンドウ機能などに対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleは4月10日、Android向けChromeブラウザの新バージョンとなる「Chrome for Android 35」のベータ版(35.0.1916.34)をリリースしました。v35で、Chromeタブの「UNDO」機能が追加され、誤って閉じてしまったタブを下部に表示される「取消」ボタンからワンタッチで復活できるようになりました。また、WEB動画のフルスクリーン再生用に字幕をサポートした新たなHTML5ベースのコントローラーが表示されるようになりました(機能は完成していないとされています)。さらに、Samsungデバイスなどに搭載されているマルチウィンドウ機能に対応し、既にサポートされているシステムアプリと同様にChromeを2画面に表示したり、小窓で表示することができるようになりました。このほか、Chromecastへのストリーミングに対応する動画の拡充なども行われています。「Chrome Beta」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
WAVフォーマットでの録音も可能なSony MobileのSTM10対応音声レコーダーアプリがダウンロード可能
Geeksphone、Android / Firefox OS両対応のスマートフォン「Revolution」を欧州のAmaoznを通じて発売へ
日々の活動とスマートフォン利用を時系列に確認できるSony Mobileの行動記録アプリ「Lifelog」の使用レポート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP