ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

リカバリモードでAndroid 4.4.x端末のランタイムを「ART」に切り替える方法が公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Android 4.4.x(KitKat)を搭載した端末のランタイムをDalvikからARTにリカバリモードを利用して切り替える方法がXDA Developersで公開されました。ARTはまだ開発フェースにあるランタイムなので、Android 4.4.xのデフォルトランタイムはDalvikに設定されていますが、一部の機種ではAndroidの「開発者向けオプション」で切り替えることができます。しかし、KitKat端末の中にはランタイムの切り替えオプション自体が削除されている機種もあります。そういった機種でリカバリモードから切り替えられるようにするのが今回紹介する方法です。リカバリモードを利用するのでAndroidシステムが動作中じゃなくてもARTに切り替えることができます。切り替え方法は簡単です。XDA Developersで配布されている「Enable ART.zip」をリカバリモードから導入すればDalvikからARTに切り替わり、逆に、「Enable Dalvik.zip」を導入すればARTからDalvikに切り替わります。どちらの場合もZIPインストール後に「Wipe Dalvik Cache」を実行します。XDA Developersに投稿されたユーザーレポートよれば、LG G2やGalaxy Note 3では成功しているそうです。しかし、手元にあるART未実装機種で試してみたところ、「Enable ART.zip」を導入するとブートループに陥ってしまい、ARTは有効になりませんでした。このような問題に遭遇した場合は「Enable Dalvik.zip」を導入すれば元に戻ります(確認済み)。ちなみに、Xposedフレームワークが導入されていると「Enable ART,zip」を導入しても強制的にDalvikに戻されます。この場合はXposedフレームワークを削除してからもう一度試してみてください。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
楽天スーパーポイントが今秋よりコンビニや飲食店など1万3,400の実店舗で利用可能に
Sony Mobile、Xperia Z1 / Z Ultra / Z1 Compact向けに「14.3.A.0.757」へのアップデートを近く配信へ
エプソン、Androidを搭載したスマートグラス「MOVERIO BT-200AV/BT-200」の国内発売を5月29日に延期

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。